サイトマップ RSS

中国女子サッカー 五輪出場も喜び控えめ (1/4ページ)

2016.3.18 09:00

なでしこに続き、韓国女子代表にも勝利し、リオデジャネイロ五輪出場を決めた中国女子サッカー代表。喜びも抑制がきいている=2016年3月7日、大阪市東住吉区のヤンマースタジアム長居(甘利慈撮影)

なでしこに続き、韓国女子代表にも勝利し、リオデジャネイロ五輪出場を決めた中国女子サッカー代表。喜びも抑制がきいている=2016年3月7日、大阪市東住吉区のヤンマースタジアム長居(甘利慈撮影)【拡大】

 【国際情勢分析】

 中国の女子サッカー代表が、今年8月、南米ブラジルで開催されるリオデジャネイロ五輪の出場権を獲得した。中国女子代表にとっては、自国開催の2008年北京五輪以来、2大会ぶりの五輪の舞台。しかも、日本女子サッカー代表「なでしこジャパン」を押さえての出場権獲得だけに、さぞ鼻高々かと思いきや…。

 「日本から啓示」

 中国国内の喜び方は驚くほどに控えめだった。

 吉林省長春市に拠点を置くプロクラブ「長春大衆卓越」が、最終予選に出場したMF任桂辛、DF劉杉杉、DF趙容の所属選手3人に純金のメダルを贈ったと伝えられたのが目立つ程度。長春大衆卓越は、昨年のワールドカップ(W杯)カナダ大会で中国女子がベスト8入りした際も、任桂辛にスポーツ用多目的車(SUV)を贈った実績がある。

 歴史認識や尖閣諸島(沖縄県石垣市)をめぐって日中が対立する外交問題とは違い、中国国内ではこれまでも、サッカーに関しては「日本に学べ」といった論調が少なくなかった。とはいえ、サッカー好きで知られる習近平国家主席(62)の「夢」をかなえるため、サッカー強化を“国家プロジェクト”に据える中、「日本を駆逐した!」と大騒ぎしてもおかしくないのだが。

ライバルの敗因分析

産経デジタルサービス

産経アプリスタ

アプリやスマホの情報・レビューが満載。オススメアプリやiPhone・Androidの使いこなし術も楽しめます。

産経オンライン英会話

90%以上の受講生が継続。ISO認証取得で安心品質のマンツーマン英会話が毎日受講できて月5980円!《体験2回無料》

サイクリスト

ツール・ド・フランスから自転車通勤、ロードバイク試乗記まで、サイクリングのあらゆる楽しみを届けます。

ソナエ

自分らしく人生を仕上げる終活情報を提供。お墓のご相談には「産経ソナエ終活センター」が親身に対応します。

ページ先頭へ