サイトマップ RSS

本 プラスアルファの幸せ 都内おすすめブックスポット (1/4ページ)

2016.3.24 14:00

グラスを片手に、お気に入りのネコ本を開く至福のとき。「本プラスアルファの幸せ」を見つけよう=2016年3月15日、東京都新宿区の「ネコ文壇バー_月に吠える」(塩塚夢撮影)

グラスを片手に、お気に入りのネコ本を開く至福のとき。「本プラスアルファの幸せ」を見つけよう=2016年3月15日、東京都新宿区の「ネコ文壇バー_月に吠える」(塩塚夢撮影)【拡大】

  • 閑静な住宅街にたたずむ「写真集食堂_めぐたま」。飯沢耕太郎さん、ときたまさん、おかどめぐみこさん(右から)の仲良し3人で店を営む=2016年3月17日、東京都渋谷区(塩塚夢撮影)
  • 飯沢耕太郎さんおすすめの3冊。手前から時計回りに在本彌生『わたしの獣たち』、川内倫子『The_river_embraced_me』、森山大道『犬と網タイツ』。写真家それぞれの“世界”が広がる=2016年3月17日、東京都渋谷区(塩塚夢撮影)
  • 「毎日食べられるように」と日替わりのお総菜が人気の一汁三菜ランチ(1000円、土日祝1500円、いずれも税込み)。この日のメーンは「まぐろの立田揚げ」=2014年5月19日、東京都渋谷区(提供写真)
  • 温かい雰囲気の店内。壁一面の書棚には、国内外から集めた5000冊の写真集が並ぶ=2014年2月21日、東京都渋谷区(提供写真)
  • 「海外で結婚を」の書棚には、チャールズ・M・シュルツ『スヌーピーの大好きって手をつないで歩くこと』が。意外なチョイスが楽しい=2016年3月14日、東京都渋谷区(塩塚夢撮影)
  • 「猿田彦珈琲」のH.I.S.限定コーヒー「旅の扉ブレンド」(Sサイズ、460円+税)をはじめ、コーヒーは一杯ずつ丁寧に淹(い)れられる=2016年3月14日、東京都渋谷区(塩塚夢撮影)
  • ゆったりとしたブックショップの店内。コーヒーを飲みながら旅にちなんだ本を読める。本はすべて購入可能=2015年10月15日、東京都(提供写真)
  • まるで友達の家に遊びに来たかのような、リラックスした雰囲気。「友達同士でわいわい本を眺めながら楽しむ方が多い」とコエヌマカズユキさん。チャージは500円という気軽な値段だ=2016年3月15日(塩塚夢撮影)
  • 雑居ビルの3階というマニアックな立地。あでやかな化け猫(?)のイラストが目印!=2016年3月15日、東京都新宿区(塩塚夢撮影)
  • コレクションには梶井基次郎の作品集も。「檸檬の人というイメージの梶井ですが、実はネコもよく登場する。暗さがいい感じ」とコエヌマさん。奥はマタタビ焼酎(750円)=2016年3月15日、東京都新宿区(塩塚夢撮影)

 【大人の時間】

 本を読むのは、幸せだ。でも、おいしいご飯やお酒があれば、もっと幸せ。写真集、旅、ネコ…それぞれにユニークなコンセプトを持つ東京都内の3店舗を紹介。ランチやカフェ、バーと日常のシーンに合わせて、のんびり本とプラスアルファを楽しめる。

 「写真集は世界への扉」

 恵比寿駅から10分弱。赤い日よけがキュートな「写真集食堂 めぐたま」は、静かな住宅街の一角にある。写真評論家の飯沢耕太郎さんと企画・広報担当のときたまさん、料理担当のおかどめぐみこさんの3人が営むこちらでは、飯沢さんが収集した約5000冊の写真集とともに、和洋中なんでもありのおいしいご飯が楽しめる。

 壁一面にしつらえられた書棚には、国内外の写真集がずらり。旅、人、動物…。どれを手に取ろうか迷ってしまう。「写真集は『世界への扉』。写真家それぞれが捉える世界へと、誘ってくれる。これだけの本があれば、誰にでも好きな『世界』が見つかるはず」とときたまさん。定食だけでなく甘味やお酒もあるので、「昼から晩まで、一日中いる人も」(ときたまさん)。自分だけのお気に入りを見つけたい。

コーヒー片手に旅の話

産経デジタルサービス

産経アプリスタ

アプリやスマホの情報・レビューが満載。オススメアプリやiPhone・Androidの使いこなし術も楽しめます。

産経オンライン英会話

90%以上の受講生が継続。ISO認証取得で安心品質のマンツーマン英会話が毎日受講できて月5980円!《体験2回無料》

サイクリスト

ツール・ド・フランスから自転車通勤、ロードバイク試乗記まで、サイクリングのあらゆる楽しみを届けます。

ソナエ

自分らしく人生を仕上げる終活情報を提供。お墓のご相談には「産経ソナエ終活センター」が親身に対応します。

ページ先頭へ