サイトマップ RSS

【パリ羊羹コレクション】(上) 花の都からブランド発信 (1/4ページ)

2016.3.27 13:00

パリ羊羹(ようかん)コレクション会場を訪れた男の子のために猫をモチーフにしたアニマル上生菓子を作る青柳正家(東京都墨田区)の須永友和社長=2016年3月20日、フランス・首都パリ・マレ地区(田中幸美撮影)

パリ羊羹(ようかん)コレクション会場を訪れた男の子のために猫をモチーフにしたアニマル上生菓子を作る青柳正家(東京都墨田区)の須永友和社長=2016年3月20日、フランス・首都パリ・マレ地区(田中幸美撮影)【拡大】

  • パリ羊羹(ようかん)コレクションの生菓子作りのデモンストレーションで、完成した美しい生菓子を客に手渡す巌邑堂の内田弘守社長。シンガポールやマレーシアなどアジアでの実演経験が豊富な内田さんは「作っているとアジアの人はワッと盛り上がるが、フランスの人は見るところがすごく細かく考えながら食べている感じがする」という=2016年3月20日、フランス・首都パリ・マレ地区(田中幸美撮影)
  • 青柳正家の須永友和さんがデモンストレーションで作ったバラをモチーフにした羊羹(ようかん)「華のもてなし」。食用バラを羊羹にねり込んでバラの形に仕上げ、緑の羊羹、ウィスキーで香り付けした寒天のジュレを流して固めた一品。試食用は毎回あっという間になくなった=2016年3月20日、フランス・首都パリ・マレ地区(田中幸美撮影)
  • 内覧会では、桂由美さんの服に身を包んだモデルも登場し、花を添えた=2016年3月18日、フランス・首都パリ・マレ地区(田中幸美撮影)
  • 招待客をメーンに行われた17日の内覧会で、和装で客をもてなす虎屋取締役の黒川光晴さん(右)=2016年3月18日、フランス・首都パリ・マレ地区(田中幸美撮影)
  • 会場近くにあるパリで最も古い歴史を持つマルシェ「アンファンルージュ」は、イタリアンやモロッコ料理のクスクスなどが味わえるダイニングが並び、食に関心の高い人たちでにぎわう=2016年3月20日、フランス(田中幸美撮影)

 「素材は何ですか」「その色は何でつけるのですか」「まるで陶器みたい」…。

 巧みな手つきで美しい上生菓子を作る日本の和菓子職人に、矢継ぎ早に質問が飛んだ。手元を食い入るように見つめたまま動こうとしない人もいる。

 パリで行われた羊羹(ようかん)をPRするイベント「YOKAN COLLECTION IN PARIS(パリ羊羹コレクション)」での和菓子作りのデモンストレーションの光景だ。

 パリ羊羹コレクションが、羊羹で有名な虎屋(東京都港区)や米屋(千葉県成田市)など全国11の和菓子店とパッケージデザインを手がける「アンゼン・パックス」(東京都港区)、和菓子の材料の寒天を取り扱う「伊那食品工業」(長野県伊那市)の主催で今月17~20日、パリ中心部に近いマレ地区にある3階建てのギャラリーを借り切って開催された。日本の食文化の一端を担う和菓子の魅力を発信するとともに、羊羹を「YOKAN」ブランドとして世界にPRして販路を拡大するのが狙いだ。4日間の会期中、予想を大幅に上回る2315人が訪れるほどの大盛況ぶりで、パリっ子たちに大いに羊羹を印象づけた。

食に敏感な土地 受け入れられた「甘い豆」

産経デジタルサービス

産経アプリスタ

アプリやスマホの情報・レビューが満載。オススメアプリやiPhone・Androidの使いこなし術も楽しめます。

産経オンライン英会話

90%以上の受講生が継続。ISO認証取得で安心品質のマンツーマン英会話が毎日受講できて月5980円!《体験2回無料》

サイクリスト

ツール・ド・フランスから自転車通勤、ロードバイク試乗記まで、サイクリングのあらゆる楽しみを届けます。

ソナエ

自分らしく人生を仕上げる終活情報を提供。お墓のご相談には「産経ソナエ終活センター」が親身に対応します。

ページ先頭へ