サイトマップ RSS

【パリ羊羹コレクション】(下) 共通する「おいしさと美しさ」 (1/4ページ)

2016.3.28 14:00

パリ羊羹コレクションの出展11社のブースで熱心に説明を聞く来訪者たち。中には「何でできているのか」「どこで買えますか」などと次々に質問を浴びせる来訪者もいた=2016年3月19日、フランス・首都パリ・マレ地区(田中幸美撮影)

パリ羊羹コレクションの出展11社のブースで熱心に説明を聞く来訪者たち。中には「何でできているのか」「どこで買えますか」などと次々に質問を浴びせる来訪者もいた=2016年3月19日、フランス・首都パリ・マレ地区(田中幸美撮影)【拡大】

  • 生菓子作りのデモンストレーションで猫の生菓子を作ってもらってうれしそうな男の子。「かわいそうで食べられない」=2016年3月20日、フランス・首都パリ・マレ地区(田中幸美撮影)
  • 3月18日には生菓子作りのデモンストレーションコーナーの片隅にお茶席が設けられ、大勢の人が興味深く茶をたてる様子を見守ったり、生菓子と一緒に抹茶を味わったりした=2016年3月19日、フランス・首都パリ・マレ地区(田中幸美撮影)
  • 来訪者に羊羹(ようかん)を薦めながら、その素晴らしさを身ぶり手ぶりでユーモアを交えて力説する回進堂の菊池清社長(左)=2016年3月19日、フランス・首都パリ・マレ地区(田中幸美撮影)
  • 御菓子つちや(岐阜県大垣市)のディスプレーには代表銘菓「柿羊羹」をはじめ、三越のライオン像をモチーフにした「ライオン羊羹_威風百々」、グラデーションが美しい半生干菓子「みずのいろ」が並ぶ=2016年3月19日、フランス・首都パリ・マレ地区(田中幸美撮影)
  • 巌邑堂(浜松市中区)の展示のテーマは「ナイトクラブ」。平安時代の「ナイトクラブ」を念頭に、びょうぶと手まりとぼんぼりをイメージした羊羹の創作和菓子を並べた。酒かす入りのカステラ生地で練り羊羹を挟んだ「花邑(かゆう)」(写真奥)は、緑色の抹茶、黄色のカボチャなどを生地に混ぜ、香りや色彩感で四季を表現した=2016年3月18日、フランス・首都パリ(田中幸美撮影)
  • 米屋の展示では、「虹の架け橋」と呼ばれるレインボーカラーの羊羹(ようかん)に来訪者の目が釘付けになっていた=2016年3月18日、フランス・首都パリ(田中幸美撮影)
  • 鈴懸(福岡市博多区)は、アンズや洋ナシなどドライフルーツを刻んだものを入れて練り込んだニューウェーブ羊羹「うたかた」をメーンに展示=2016年3月18日、フランス・首都パリ(田中幸美撮影)

 洋菓子の本場パリを舞台に、和菓子の魅力を発信し、日本の羊羹(ようかん)を「YOKAN」ブランドとして世界にPRしようと行われた「YOKAN COLLECTION IN PARIS(パリ羊羹コレクション)」。17~20日の会期中には2000人以上が詰めかけ、羊羹に親しんだ。

 海外での羊羹コレクションは今回が初めてだが、国内では2010年の東京・銀座を皮切りに大阪や札幌などで計7回開催。背景にあるのは、羊羹の消費量(購入額)が年々右肩下がりとなる現状だ。虎屋(東京都港区)の黒川光晴取締役(31)は「特に若者の羊羹の認知度は低い」と話す。そんな中、伝統的な羊羹を継承しながら若い世代にも受け入れてもらえるような新しい羊羹の形を提案する場にしようと、羊羹コレクションが開かれるようになった。

 2013年12月には和食がユネスコ(国連教育科学文化機関)の無形文化遺産に登録され、和食ブームが到来。「羊羹も世界に認知されるようになるのではないか。今こそ行動を起こそう」という声が羊羹コレクションのメンバーの中から上がり、海外開催が決まったという。

想定以上の集客…海外展開に明るい兆し

産経デジタルサービス

産経アプリスタ

アプリやスマホの情報・レビューが満載。オススメアプリやiPhone・Androidの使いこなし術も楽しめます。

産経オンライン英会話

90%以上の受講生が継続。ISO認証取得で安心品質のマンツーマン英会話が毎日受講できて月5980円!《体験2回無料》

サイクリスト

ツール・ド・フランスから自転車通勤、ロードバイク試乗記まで、サイクリングのあらゆる楽しみを届けます。

ソナエ

自分らしく人生を仕上げる終活情報を提供。お墓のご相談には「産経ソナエ終活センター」が親身に対応します。

ページ先頭へ