サイトマップ RSS

湯めぐり、路地めぐりで心も体もほっこり 風情戻った草津温泉「湯畑」 (1/5ページ)

2016.3.31 11:30

熱乃湯では、高温の草津の湯を板でかき回し適温に下げる「湯もみ」のショーが楽しめる=2016年3月7日、群馬県吾妻郡草津町(小塩史人撮影)

熱乃湯では、高温の草津の湯を板でかき回し適温に下げる「湯もみ」のショーが楽しめる=2016年3月7日、群馬県吾妻郡草津町(小塩史人撮影)【拡大】

  • 草津のシンボル「湯畑」の源泉。奥は、湯もみショーなどが楽しめる観光施設「熱乃湯」=2016年3月6日、群馬県吾妻郡草津町(小塩史人撮影)
  • 「湯畑」を囲むロータリーは大勢の観光客でにぎわっている=2016年3月6日、群馬県吾妻郡草津町(小塩史人撮影)
  • 湯の花を採取する木桶を通った後、豪快に流れ落ちる湯の滝は絶好の撮影スポット=2016年3月6日、群馬県吾妻郡草津町(小塩史人撮影)
  • 江戸時代の草津の多くの建物で取り入れられていた「せがい出し梁造り」を用いた日帰り温泉施設「御座之湯」=2016年3月6日、群馬県吾妻郡草津町(小塩史人撮影)
  • 御座之湯の広々として開放的な浴室(北山創造研究所提供)
  • 「湯畑」近くの駐車場を廃止し跡地に整備された棚田のような階段状の「湯路広場」。縁日やビアガーデンなどのイベントが行われる(北山創造研究所提供)
  • 「湯畑」周辺では景観条例に基づき、土産物店なども改装や改築を行い、風情と情緒が戻ってきた=2016年3月6日、群馬県吾妻郡草津町(小塩史人撮影)
  • 遊歩道が整備された西の河原公園=2016年3月7日、群馬県吾妻郡草津町(小塩史人撮影)
  • 群馬県吾妻郡草津町の草津温泉

 【大人の時間】

 日本三大名泉の一つで、年間280万人が訪れる群馬県草津町の草津温泉。その中心に湧き、シンボルでもある源泉「湯畑(ゆばたけ)」の周辺が、風情と情緒ある街並みへと生まれ変わった。「草津 湯源湯路街(とうげんとうじまち)」をコンセプトにした街づくりプロジェクトによるものだ。湯をめぐり、路地をめぐり、心も体も癒やされる-。そぞろ歩きが楽しくなった草津温泉を訪ねた。

 江戸時代の建築様式再現

 卒業旅行と思われる学生たちのグループが、湯の花を採取する木桶を通って豪快に流れ落ちる湯の滝をバックに、「自撮り棒」で記念撮影に興じている。足湯では、若いカップルや家族連れ、外国人客らがまったりとし、知らない者同士のおしゃべりも盛り上がっていた。

 「草津よいとこ 一度はおいで ア ドッコイショ」

 昨年4月に建て替えられて開業した観光施設「熱乃湯(ねつのゆ)」では、源泉で51度から95度もある熱い草津の湯を板でかき回し適温に下げる「湯もみ」ショーの草津節が響く。

「資産」を生かすために

産経デジタルサービス

産経アプリスタ

アプリやスマホの情報・レビューが満載。オススメアプリやiPhone・Androidの使いこなし術も楽しめます。

産経オンライン英会話

90%以上の受講生が継続。ISO認証取得で安心品質のマンツーマン英会話が毎日受講できて月5980円!《体験2回無料》

サイクリスト

ツール・ド・フランスから自転車通勤、ロードバイク試乗記まで、サイクリングのあらゆる楽しみを届けます。

ソナエ

自分らしく人生を仕上げる終活情報を提供。お墓のご相談には「産経ソナエ終活センター」が親身に対応します。

ページ先頭へ