“友人”に冷たかった韓国 フィリピン支援めぐり国内からも批判の声 (2/6ページ)

2013.12.1 07:00

 その支援について、同13日の朝鮮日報(電子版)に「被災国への支援や関心を国によって変える」と題するコラムが載った。

 支援額はこれまでのところ、米国が2千万ドル、英国が1600万ドル、そして日本が1千万ドルを表明。記事では、まず支援額の少なさを指摘した。

 韓国は、フィリピンとはいち早く国交を結んだだけでなく、1950年からの朝鮮戦争でも兵士の派遣を受けた。経済的な結びつきも強い。貿易総額は2012年で115億ドル。韓国からフィリピンへの投資総額は10億ドルにも及ぶといい、記事はフィリピンのことを「東南アジア諸国連合(ASEAN)で、最も親韓的」と表現している。

 大切な友人であるにもかかわらず、迅速な手助けができず、困った友人への関心も低かったというのだ。

「国によって関心の度合いを変える必要はない」

産経デジタルサービス

産経アプリスタ

アプリやスマホの情報・レビューが満載。オススメアプリやiPhone・Androidの使いこなし術も楽しめます。

産経オンライン英会話

90%以上の受講生が継続。ISO認証取得で安心品質のマンツーマン英会話が毎日受講できて月5980円!《体験2回無料》

サイクリスト

ツール・ド・フランスから自転車通勤、ロードバイク試乗記まで、サイクリングのあらゆる楽しみを届けます。

ソナエ

自分らしく人生を仕上げる終活情報を提供。お墓のご相談には「産経ソナエ終活センター」が親身に対応します。