“友人”に冷たかった韓国 フィリピン支援めぐり国内からも批判の声 (3/6ページ)

2013.12.1 07:00

 その後、民間主導の募金や支援などは散見されているが、政府の対応について「国全体が悲しみに包まれた友好国への支援としてはかなり小規模」と指摘。「苦しみにあえぐ友好国に対する人道支援や関心という点からすれば、国によって関心の度合いを変える必要はない」とまで断じている。

 また、別の記事では、12年に韓国が世界のODAの約1%に貢献したものの、緊急支援などの人道支援額は0・2%で、財政危機に陥っているギリシャやポルトガルより低かったという国連の報告を紹介している。要するに、ケチな上に、友人を思いやる心に欠けているということだ。

 交渉下手の独り善がり

 大人げないと言えば、11月13日に行われた朴槿恵大統領と、プーチン露大統領の会談では、プーチン氏の遅刻に韓国メディアが噛(か)みついた。

時間をどう使うかも交渉ごとの智恵のひとつ

産経デジタルサービス

産経アプリスタ

アプリやスマホの情報・レビューが満載。オススメアプリやiPhone・Androidの使いこなし術も楽しめます。

産経オンライン英会話

90%以上の受講生が継続。ISO認証取得で安心品質のマンツーマン英会話が毎日受講できて月5980円!《体験2回無料》

サイクリスト

ツール・ド・フランスから自転車通勤、ロードバイク試乗記まで、サイクリングのあらゆる楽しみを届けます。

ソナエ

自分らしく人生を仕上げる終活情報を提供。お墓のご相談には「産経ソナエ終活センター」が親身に対応します。