「ふるさと納税」200万円超の高額寄付者が指南!オススメ特産品×マル秘裏情報 (2/4ページ)

2014.5.4 18:00

 それでも生鮮品が届く時期が重なり、一時的に冷蔵庫が満杯になることもあるとか。届いた食材はすぐ開封し、早めに味わうようにしている。「産地直送の食材は新鮮で良質。都会では手に入らない希少品を味わえるのも醍醐味ですね」と満足げだ。

 自治体の対応はまちまちだが、柔軟性が増す傾向も

 ただし、実際にやってみると、思わぬ事態に遭遇することもあるという。「タイが丸々1匹届いて調理に困ったり、食べてみたら予想と違ったり……。5000円寄付するつもりが、入力ミスで5万円寄付してしまったこともあります。人に任せていて途中で気づかなかったのですが、いきなり群馬県・中之条町の感謝割引券が2万5000円分も送られてきて驚きました。四万温泉の宿泊に使えるそうなので、奥さんが友達と女子会に使うようです」

 昨年の経験を踏まえ、今年も新たな年間計画を実践中。「控除額の上限は住民税の1割程度といわれていますが、所得税率が高いと2割近くまでOKなので、予算も6割ほど増えました。自治体の対応はまちまちですが、より柔軟性が出てきた印象です。問い合わせてみると、年1回から何回でもOKに変えたところもけっこうあったので、最新情報を確かめたいですね」

迷った末に牛肉を選び、ついにふるさと納税デビュー

産経デジタルサービス

産経アプリスタ

アプリやスマホの情報・レビューが満載。オススメアプリやiPhone・Androidの使いこなし術も楽しめます。

産経オンライン英会話

90%以上の受講生が継続。ISO認証取得で安心品質のマンツーマン英会話が毎日受講できて月5980円!《体験2回無料》

サイクリスト

ツール・ド・フランスから自転車通勤、ロードバイク試乗記まで、サイクリングのあらゆる楽しみを届けます。

ソナエ

自分らしく人生を仕上げる終活情報を提供。お墓のご相談には「産経ソナエ終活センター」が親身に対応します。