新幹線の進化支えた高速試験車両 スピードにかけた技術者に思いはせる (1/6ページ)

2014.11.3 07:04

  • 「300X」(手前)と「STAR21」
  • JR東日本の新幹線高速試験車両「STAR21」
  • 「WIN350」の正式名称は「新幹線500系電車900番台」。車体にその番号が記されている
  • 「WIN350」の運転席
  • 「WIN350」を背景に記念撮影する親子
  • 「300X」の車内に入るために並ぶ人たち
  • 「300X」の運転席
  • 特別公開された300X、STAR21、WIN350(左から)=滋賀県米原市
  • 左からJR東海の「300X」、JR東日本の「STAR21」、JR西日本の「WIN350」=滋賀県米原市
  • 施設内に保存されているWIN350、STAR21、300X(手前から)


700系車両に技術が生かされた「300X」

700系車両に技術が生かされた「300X」【拡大】

【鉄道ファン必見】

 今年は東海道新幹線開業50周年。開業当初は最高時速210キロで運転していたが、半世紀を経た現在では時速300キロを超える路線もある。そんな“速さの進化”を支えてきたのは、数々の高速試験車両だ。滋賀県米原市の鉄道総研・風洞技術センターでは、「WIN350」「STAR21」「300X」の3種類の試験車両が保存されている。普段は立ち入り禁止で柵越しでしか見られないが、毎年10月に特別公開されている。鉄道少年から筋金入りのマニアまで魅了する「新幹線の聖地」で、スピードにかけた技術者たちに思いをはせた。(桑波田仰太)

 データ収集に血眼になるマニアたち

 10月11、12の両日、JR米原駅に隣接する鉄道総研・風洞技術センターで、3車両が特別公開された。同センターでは例年、「鉄道の日」(10月14日)前後に特別公開を実施しており、今年は東海道新幹線50周年とあって、米原駅での記念イベントと合わせて行われた。

「天井はこっちの方が高い」「運転席はどれもシンプルだね」

産経デジタルサービス

産経アプリスタ

アプリやスマホの情報・レビューが満載。オススメアプリやiPhone・Androidの使いこなし術も楽しめます。

産経オンライン英会話

90%以上の受講生が継続。ISO認証取得で安心品質のマンツーマン英会話が毎日受講できて月5980円!《体験2回無料》

サイクリスト

ツール・ド・フランスから自転車通勤、ロードバイク試乗記まで、サイクリングのあらゆる楽しみを届けます。

ソナエ

自分らしく人生を仕上げる終活情報を提供。お墓のご相談には「産経ソナエ終活センター」が親身に対応します。