レクサス「NX 300h」に乗ってみた! 乗り心地、走行性能など試す (5/6ページ)

2014.11.16 07:00

  • レクサスの「NX300h」(FSPORT)
  • レクサスの「NX300h」(FSPORT)
  • レクサスの「NX300h」(FSPORT)
  • レクサスの「NX300h」(FSPORT)
  • レクサスの「NX300h」(FSPORT)の内装
  • レクサスの「NX300h」(FSPORT)の運転席
  • レクサスの「NX300h」(FSPORT)の内装
  • レクサスの「NX300h」(FSPORT)
  • レクサスの「NX300h」(FSPORT)のタイヤ
  • レクサスの「NX300h」(FSPORT)
  • レクサスの「NX300h」(FSPORT)
  • レクサスの「NX300h」(FSPORT)の後部座席
  • レクサスの「NX300h」(FSPORT)
  • レクサスの「NX300h」(FSPORT)
  • レクサスの「NX300h」(FSPORT)
  • レクサスの「NX300h」(FSPORT)
  • レクサスの「NX300h」(FSPORT)


レクサスの「NX300h」(FSPORT)

レクサスの「NX300h」(FSPORT)【拡大】

 燃費性能はそれほどでもない?

 「NX 300h」はハイブリッド車だけあって、ターボ車の「NX 200t」よりも燃費性能は高い。カタログスペックでもその差は示されており、JC08モード走行で燃料消費率19.8km/Lとある。ドライブモードを道路状況に応じて切り替えるなど、いろいろ試したが、自分の運転では理論値のようなパフォーマンスを発揮できなかった。だが、レクサスのようなプレミアムブランドのオーナーであれば燃費はそれほど気にかけるポイントではないはず。燃費性能はエコカーや軽自動車の得意分野と割り切ればいいだろう。

 今後の展開に期待

 実際に乗ってわかったことは、「NX 300h」は、レクサスらしさが沢山詰まったプレミアム感のあるコンパクトSUVであるということ。ちなみに、今回の試乗車は車両本体とオプション装備の税込みで667万円だった。価格やコンセプトを考えると、「BMW X3」や「アウディ Q3」などが競合車といえそうだ。購入コストを抑えるならば、同じトヨタの「ハリアー」も選択肢に入りそう。初代にして完成度が高い車両だけに、今後の展開が楽しみである。

「NX300h」(AWD)“F SPORT”のスペック

産経デジタルサービス

産経アプリスタ

アプリやスマホの情報・レビューが満載。オススメアプリやiPhone・Androidの使いこなし術も楽しめます。

産経オンライン英会話

90%以上の受講生が継続。ISO認証取得で安心品質のマンツーマン英会話が毎日受講できて月5980円!《体験2回無料》

サイクリスト

ツール・ド・フランスから自転車通勤、ロードバイク試乗記まで、サイクリングのあらゆる楽しみを届けます。

ソナエ

自分らしく人生を仕上げる終活情報を提供。お墓のご相談には「産経ソナエ終活センター」が親身に対応します。