トヨタ「ミライ」価格は723万円 世界に先駆け燃料電池車12月発売 (1/2ページ)

2014.11.18 11:00

  • トヨタ自動車が世界の自動車メーカーで初めての一般向けに販売する燃料電池車「MIRAI」=18日午前、東京都江東区
  • トヨタが新型の燃料電池車(FCV)を発表。プレゼンする田中主査=18日午前、東京都江東区(三尾郁恵撮影)


 トヨタ自動車は18日、新型の燃料電池車(FCV)「MIRAI(ミライ)」を12月15日に発売すると発表した。FCVを一般向けに販売するのは世界の自動車メーカーで初めて。価格は723万6千円に抑え、本格的な普及を目指す。

 ミライはセダンタイプで4人乗り。水素タンクへの充填時間は約3分で、航続距離は650キロ。政府は約200万円の購入補助金を予定しており、実質価格は520万円程度になる見込み。

 生産は愛知県豊田市の元町工場で行う。年間販売台数は約700台になる見通しで、国内は来年末までに約400台を販売する目標だ。

 トヨタはこれまでFCVのリース販売を手がけていた。量販FCVについては、発売時期は平成26年度中としていたが、年内に前倒しする。

「これは車だけの革命ではなく…」

産経デジタルサービス

産経アプリスタ

アプリやスマホの情報・レビューが満載。オススメアプリやiPhone・Androidの使いこなし術も楽しめます。

産経オンライン英会話

90%以上の受講生が継続。ISO認証取得で安心品質のマンツーマン英会話が毎日受講できて月5980円!《体験2回無料》

サイクリスト

ツール・ド・フランスから自転車通勤、ロードバイク試乗記まで、サイクリングのあらゆる楽しみを届けます。

ソナエ

自分らしく人生を仕上げる終活情報を提供。お墓のご相談には「産経ソナエ終活センター」が親身に対応します。