堺筋沿いの電気店すでに“全滅” 目立つ中国人観光客、変わってしまった電気街 (1/5ページ)

2015.12.6 07:15

  • 黒門市場を歩いていると、ウニやカキがすぐに食べられるようになっていた=大阪市中央区
  • 免税店となった旧喜多商店前で「10年で日本橋は変わってしまった」と語るデシリットルファクトリーの楠瀬航社長(左)と社員の立花亜希子さん=大阪市浪速区
  • 日本橋の象徴ともいえるアニメイトやメロンブックスが入るビル=大阪市浪速区
  • 日本橋のメーンストリートとなった「オタロード」
  • 堺筋を歩いていると「免税」と掲げた店をよく見かけるようになった
  • 黒門市場を歩いていると、アジア系の観光客であふれかえっていた


大阪の台所から屋台街へ変貌した黒門市場=大阪市中央区

大阪の台所から屋台街へ変貌した黒門市場=大阪市中央区【拡大】

 かつて関西最大の電気街といわれた「でんでんタウン」(大阪市浪速区)の開店・閉店情報を配信するニュースサイト「NIPPON-BASHI SHOP HEADLINE」が開設10周年を迎えた。メーンストリート・堺筋沿いにあった電気店はすでに“全滅”。最近では免税店が次々に進出し、中国人観光客らが大型バスで乗りつける姿が目立つようになった。管理・運営を手がける「デシリットル・ファクトリー」(同市中央区)は、そんな街の変化をどう受け止めているのか-。(格清政典)

 免税店が目立つ日本橋、屋台村と化した黒門市場

 同社社長、楠瀬航さんと社員の立花亜希子さんと合流した。関西ではなじみ深い存在だった家電店「喜多商店」(浪速区)があった場所だ。同店は「来た、見た、買(こ)うた」というキャッチフレーズのCMで知られていたが、一昨年8月に閉店。堺筋沿いから「最後の電気店」がなくなったとして話題を集めた。

 店の跡地は、看板は残されたまま免税店になっており、大型バスが店の前に停車すると、アジア系の外国人が次々に入店していた。その後、堺筋沿いを一緒に歩いてみたが、あちこちで「免税」「TAX FREE」などと書かれた看板を掲げる店を見かける。

「確かに“爆買い”をする観光客のおかげで地元にお金が落ちているが…」

産経デジタルサービス

産経アプリスタ

アプリやスマホの情報・レビューが満載。オススメアプリやiPhone・Androidの使いこなし術も楽しめます。

産経オンライン英会話

90%以上の受講生が継続。ISO認証取得で安心品質のマンツーマン英会話が毎日受講できて月5980円!《体験2回無料》

サイクリスト

ツール・ド・フランスから自転車通勤、ロードバイク試乗記まで、サイクリングのあらゆる楽しみを届けます。

ソナエ

自分らしく人生を仕上げる終活情報を提供。お墓のご相談には「産経ソナエ終活センター」が親身に対応します。