【試乗インプレ】速いだけじゃない、パッケージに優れた万能選手 スバル・レヴォーグ (1/5ページ)

2016.3.27 17:04

  • スバル・レヴォーグ
  • 質感の高いインパネ。VWゴルフによく似ている?スバル・レヴォーグ
  • 300馬力を発生するハイスペックな水平対向エンジン。スバル・レヴォーグ
  • 今にも泣きだしそうな曇天の九十九里海岸で。若々しいデザインには鮮烈な赤がよく似合う。スバル・レヴォーグ
  • スバル・レヴォーグ
  • ルーフ後端が下がり、リアウインドーも思い切って寝かせられていることがわかる。シューティングブレークの趣もある。スバル・レヴォーグ
  • ボンネット上に空いた大きな吸気口が、その下に隠れる高性能エンジンの存在を匂わせる。スバル・レヴォーグ
  • スバル・レヴォーグ
  • 左から。スバル・レヴォーグ
  • 右から。スバル・レヴォーグ
  • 全点灯状態。スバル・レヴォーグ
  • タイヤサイズは前後とも225/45R18。スバル・レヴォーグ
  • アイサイトの3つの“目”。ここから得られた画像を瞬時に解析し、自動ブレーキやクルーズコントロールなどを制御している。スバル・レヴォーグ
  • シャークフィンアンテナ。スバル・レヴォーグ
  • 死角に入りがちな左右の後続車の接近を知らせるアラートのオプション付き。スバル・レヴォーグ
  • 左のサイドミラーにはカメラが内蔵されていて→次フォトに続く…スバル・レヴォーグ
  • 左前方の死角を室内のサブディスプレイに表示してくれる。小動物や子供の巻き込み防止に役立つほか、縦列駐車時の幅寄せなどにも使える。スバル・レヴォーグ
  • ステアリングのスイッチ類は左側がインフォテイメント系、右側が運転操作系にまとめられている。スバル・レヴォーグ
  • メーターは自光式、高級感を演出。スバル・レヴォーグ
  • 上部の多機能サブディスプレイは、慣れの問題もあると思うが、運転中はあまり見ませんでした。スバル・レヴォーグ
  • シフトレバーはDレンジに入れて右に倒すと、パドルシフトを使ったマニュアルモードに切り替わる。パーキングブレーキは電磁式。スバル・レヴォーグ
  • カップホルダーは前後で深さが違い、様々なサイズの容器に対応。スバル・レヴォーグ
  • カップホルダーのスライド式蓋を閉めると…あれ?ここもゴルフそっくり。スバル・レヴォーグ
  • インパネ下部にはサービスソケットと並んでUSBのジャックが2つ。最新車種だともうこの程度は当たり前になってきた。スバル・レヴォーグ
  • ドアノブ、ウインドースイッチ回り。内貼りにも革が。スバル・レヴォーグ
  • 自動防眩機能付きルームミラー。スバル・レヴォーグ
  • 試乗車はスライド&チルトアップ機能付きガラスルーフ仕様。スバル・レヴォーグ
  • ルームランプ、ガラスルーフのスイッチ類。スバル・レヴォーグ
  • 座り心地とサポートを両立したスグレものの前席。長距離でも疲れ知らずでした。アルカンターラの手触りも満足感高し。スバル・レヴォーグ
  • リクライニング機能付きの後席も肉厚で快適。スバル・レヴォーグ
  • 足元も比較的ゆったり。センタートンネルも低めでくつろげます。スバル・レヴォーグ
  • 後席にもUSBジャックが2つ。スバル・レヴォーグ
  • 後席中央の3点式シートベルトは天井から生えてます。スバル・レヴォーグ
  • 開口部は真四角で低く段差もなく、非常に使いやすい。ステーションワゴンかくあるべし。スバル・レヴォーグ
  • トノカバーを閉めた状態。スバル・レヴォーグ
  • ラゲッジランプは左側に。その左には荷かけフックと後席を前に倒すレバー。スバル・レヴォーグ
  • 深くて使いでのある床下収納。洗車用品などは全部収まりそう。高さのあるものを積むときにも役立ちそうだ。スバル・レヴォーグ
  • 後席は右6:左4の分割可倒式。スバル・レヴォーグ
  • この状態で左後席に座ると、倒した右側の背もたれがちょうどアームレストになる。十分な広さがあって窮屈な感じはない。荷物満載で3人乗り、全然いけると思います。スバル・レヴォーグ
  • シングルベッドを一回り小さくしたくらいの広大な荷室。車中泊いけます。実際、小一時間仮眠したので間違いなし。スバル・レヴォーグ
  • 後席の窓、全開します。これ地味にうれしい。スバル・レヴォーグ


 発売から1年半を過ぎ、街中でも見かける機会の多くなったスバル・レヴォーグ。北米市場向けにサイズの大きくなってしまった定番車種レガシーに代わるべく、日本市場向けに開発されたステーションワゴンだ。今回は300馬力を誇る高性能エンジンを搭載した最上位グレードに試乗。国内メーカーが軒並みミニバン重視のラインナップになるなか、頑なにステーションワゴンを作り続けるスバルの、新しい看板車種の人気の秘密に迫る。(産経ニュース/SankeiBiz共同取材)

赤が似合う若々しくスポーティーな外観

 サイズ感は日本の道にジャストフィット。横幅こそ170センチ超えの3ナンバーサイズながら、全長は短めに抑えてあるので、取り回しよし。外観デザインはルーフ後端を下げ、荷室容量を犠牲にしてリアウインドーも寝かせ、商用車っぽくなりがちなワゴンを若々しくスポーティーに見せている。ステーションワゴンとシューティングブレーク(クーペっぽいワゴン)の中間のような趣がある。エンジンを低くできる水平対向エンジンのおかげで、ボンネットが低めなのもスポーティーに見える理由だろう。ただ、前輪のオーバーハングが長めなのは、少しバランスが悪く見えて惜しい。エンジンとの配置の関係でこれ以上前に出せなかったのだろう。

 しかし、このクルマは赤がよく似合う。大きすぎないサイズと、デザインの若々しさに色味がマッチしていて、このクルマを買うなら赤しかないと思ってしまった。

質感高いインテリアはゴルフを意識?

産経デジタルサービス

IGN JAPAN

世界最大級のビデオゲームメディア「IGN」の日本版がついに登場!もっとゲームを楽しめる情報をお届けします。

産経オンライン英会話

90%以上の受講生が継続。ISO認証取得で安心品質のマンツーマン英会話が毎日受講できて月5980円!《体験2回無料》

サイクリスト

ツール・ド・フランスから自転車通勤、ロードバイク試乗記まで、サイクリングのあらゆる楽しみを届けます。

ソナエ

自分らしく人生を仕上げる終活情報を提供。お墓のご相談には「産経ソナエ終活センター」が親身に対応します。