「初号機」自慢の京都鉄道博物館 新幹線や蒸気機関車など見どころ満載! (2/6ページ)

2016.4.29 07:00

  • 4月29日のオープンを前に報道陣向けに行われた京都鉄道博物館の内覧会。新幹線など鉄道車両53両を展示している=1日午後、京都市下京区(志儀駒貴撮影)
  • 29日のオープンを前に報道陣向けに行われた京都鉄道博物館の内覧会。軌道自転車体験コーナーもある=1日午後、京都市下京区(志儀駒貴撮影)
  • 4月29日のオープンを前に報道陣向けに行われた京都鉄道博物館の内覧会。国産最古の量産型蒸気機関車「230形233号機」も並ぶ=1日午後、京都市下京区(志儀駒貴撮影)
  • 4月29日のオープンを前に報道陣向けに行われた京都鉄道博物館の内覧会。プロムナードでは、SLのC62形蒸気機関車(左)や元祖・0系新幹線電車(右)などが出迎えてくれる=1日午後、京都市下京区(志儀駒貴撮影)
  • 4月29日のオープンを前に報道陣向けに行われた京都鉄道博物館の内覧会。「運転シュミレータ」の体験コーナーもある=1日午後、京都市下京区(志儀駒貴撮影)
  • 京都鉄道博物館でJRの運転士が実際に訓練で使う「運転シュミレータ」を操作するスタッフ=4月1日午後、京都市下京区
  • 京都鉄道博物館の外観。4月29日のオープンを前に報道陣向けに内覧会が行われた=1日午後、京都市下京区(志儀駒貴撮影)
  • 4月29日のオープンを前に報道陣向けに行われた京都鉄道博物館の内覧会。インタビューに答える三浦英之館長=1日午後、京都市下京区(志儀駒貴撮影)


29日のオープンを前に報道陣向けに行われた京都鉄道博物館の内覧会=1日午後、京都市下京区(志儀駒貴撮影)

29日のオープンを前に報道陣向けに行われた京都鉄道博物館の内覧会=1日午後、京都市下京区(志儀駒貴撮影)【拡大】

 寝台特急「ブルートレイン」の食堂車では、弁当箱付きの「ウメテツランチBOX」(1500円)や「昔ながらの幕の内弁当」(1100円)といった弁当類を購入できる。

 大正3(1914)年の2代目京都駅のホーム上屋を再利用した空間に展示される豪華列車「トワイライトエクスプレス」の車両などを横目に、本館1階へ。初めて時速300キロの営業運転を行った500系新幹線、特急「雷鳥」の車両といったJR西を代表する車両が勢ぞろい。

 今春に国の重要文化財に指定された国産初の量産型蒸気機関車「230形233号機」も並んで姿をみせる。

 中には真下から見学できる車両もある。1階奧の車両工場には引き込み線があり、展示する車両を定期的に入れ替える計画だ。

ブレーキや集電装置(パンタグラフ)などの「車両のしくみ」や…

産経デジタルサービス

産経アプリスタ

アプリやスマホの情報・レビューが満載。オススメアプリやiPhone・Androidの使いこなし術も楽しめます。

産経オンライン英会話

90%以上の受講生が継続。ISO認証取得で安心品質のマンツーマン英会話が毎日受講できて月5980円!《体験2回無料》

サイクリスト

ツール・ド・フランスから自転車通勤、ロードバイク試乗記まで、サイクリングのあらゆる楽しみを届けます。

ソナエ

自分らしく人生を仕上げる終活情報を提供。お墓のご相談には「産経ソナエ終活センター」が親身に対応します。