【試乗インプレ】ルーフ全開で颯爽と走る! 女性をときめかせる「フィアット500」(後編) (1/5ページ)

2016.5.15 17:12

  • 幌を全開にしたフィアット「500C」
  • 石畳の上を走る
  • 迎賓館の前を走るフィアット「500C」
  • 迎賓館の前を走るフィアット「500C」
  • フィアット「500C」
  • 幌を全開にしたフィアット「500C」
  • とても綺麗なリヤビュー
  • レッドのパネルが映えるインテリア
  • フィアットのデュアロジック。シフトレバーの左右にはパワーウインドウのスイッチを配置
  • 「FIAT」のロゴをあしらったステアリングホイール
  • 5インチモニターをセンターコンソールに配置
  • 幌を全開にしたフィアット「500C」。内装がとってもオシャレ!
  • 3色使いのインテリア
  • 0.9Lのダウンサイジングターボエンジンを搭載
  • 0.9Lのダウンサイジングターボエンジンを搭載
  • LEDデイライトがチャームポイント!
  • ルーフを閉じたフィアット「500C」
  • LEDリヤコンビネーションランプ。マイチェンを経てランプのデザインが変更されている
  • オシャレなホイール
  • つぶらなヘッドランプは健在。フィアット「500C」
  • 後席を倒せば荷室に奥行きが出る
  • 後席はアレンジ可能
  • 荷室はそこそこ広い
  • たまに車内が明るすぎて、カーナビの地図が見えない!モニター上部にひさしを設けるだけでも違うかも
  • ルーフを開けると背の高いビルだって見えちゃう。大手町で空を見上げたら、サンケイビルが見えた時はちょっとテンション上がりました
  • 幌の開閉ボタン。10~15秒もあれば全開する
  • 半開なら後方視界も問題なし。全開時は幌が視界に入り、後ろがやや見づらい
  • フィアット「500C」のサイドビュー。幌は後部を残した半開状態
  • キャンバストップを全開にすると高い開放感が得られる
  • 丸の内を走るフィアット「500C」
  • LEDランプを点灯する
  • LEDリヤコンビネーションランプ。マイチェンでライトのデザインを変更している
  • シートはレバーを使えば簡単に倒せる
  • フィアット「500C」
  • うしろ姿も可愛いです
  • ルーフを閉じた状態。ソフトトップはストップランプを装着している
  • 幌を全開にしたフィアット「500C」
  • 日本サイズのナンバープレートを装着しても違和感のないバンパーに変更された
  • 幌を全開にしたフィアット「500C」
  • 幌を全開にしたフィアット「500C」
  • 一応、三段脚立を積む広さはある
  • 後部座席の居住性は…子供やペット向きですかね
  • キーについていたマスコット。フィアットの服を着ている
  • フィアット「500C」のドア
  • アクセルペダルはかなり小さいので、何度か踏み外しそうになった…
  • フィアット「500C」のメーターパネル。中央部はデジタル表示だ
  • フィアット「500C」
  • 内側にラバーサポートを装着したドリンクホルダー。USBなども装備する
  • 可愛らしいインテリア
  • パーツの一つひとつが興味深い
  • 3色使いのインテリア
  • 幌を全開にしたフィアット「500C」
  • フィアット「500C」
  • フィアット「500C」
  • 0.9Lのダウンサイジングターボエンジンを搭載
  • 0.9Lのダウンサイジングターボエンジンを搭載
  • 一応、三段脚立を積む広さはある
  • リヤは無理やり日本サイズのナンバープレートを取り付けた感じが残る
  • 幌を閉めた状態。LEDリヤコンビネーションランプが鮮やか
  • ルーフを半開状態でトランクを開ける


 映画「ローマの休日」や人気アニメ「ルパン三世」でもおなじみのクルマと言えば、皆さんもあのキビキビと走るコンパクトカーをすぐに思い浮かべることだろう。そう、イタリアの自動車メーカー、フィアットの主力車「500」だ。現在発売されている3代目は2008年に日本に上陸し、今年1月に初のマイナーチェンジを施した。今回は500のソフトトップモデルに乗って、東京の街をルーフ全開で颯爽とドライブ。前編ではデザインやパワートレインに触れたが、後編ではキャンバストップがもたらすちょっぴり“刺激的”なカーライフを紹介する。(文・大竹信生 カメラ・瀧誠四郎)

(前編)おしゃれでちょっとクセのあるイタリアの人気者 「フィアット500」で都内を駆ける を読む

運転できるチョロQ

 初代500はFR駆動だったが、2代目はRR、そして現行モデルはFFを採用している。足回りは(意外にも?)硬めで、路面の凹凸をダイレクトに拾う印象。ハンドリングは滑らかで、カーブを思い描いた通りに素直に曲がっていく。安定感も問題なし。コンパクトボディで機敏に走る姿になんとなくチョロQを重ねてしまう(ディスってないですよ!)。

 500Cは小柄ゆえに都内を運転していて全くストレスを感じさせないクルマだ。サイズは全長3570×全幅1625×全高1505ミリ。ホイールベースは2300ミリで車重は1050キロ。狭いうえに路駐が多い麻布十番の商店街や交通量の多い幹線道路でも、神経を使うことなく身軽にスイスイ。駐車も楽チン。Uターンも難なくこなすなど、非常に取り回しに優れている。

「ルーフを開ける」というステキな選択肢

産経デジタルサービス

IGN JAPAN

世界最大級のビデオゲームメディア「IGN」の日本版がついに登場!もっとゲームを楽しめる情報をお届けします。

産経オンライン英会話

90%以上の受講生が継続。ISO認証取得で安心品質のマンツーマン英会話が毎日受講できて月5980円!《体験2回無料》

サイクリスト

ツール・ド・フランスから自転車通勤、ロードバイク試乗記まで、サイクリングのあらゆる楽しみを届けます。

ソナエ

「ソナエ 安心のお墓探し」では、厳選されたお墓情報を紹介! 相続、葬儀、介護などのニュースもお届けします。