「偽りの歴史」韓国軍に英雄いない 教科書ヒーロー、実は敵前逃亡兵だった?! (1/6ページ)

2016.8.7 07:17

  • 朝鮮戦争時のモスキート任務に使われた機体。米国の博物館で復元したもの(米空軍HPより)
  • 朝鮮戦争でモスキート任務に使われたT-6テキサンの改造機(米空軍HPより)
  • 朝鮮戦争時、モスキート任務に使われたプロペラ機。ジェット機より速度が遅かったが、地上観測には適していた(米空軍HPより)
  • 北朝鮮軍が主力としたT-34/85戦車。朝鮮戦争が始まったとき、韓国軍にはT-34に対する有効な対戦車兵器はほとんどなかった(岡田敏彦撮影
  • 米国製のP-51マスタング。第二次大戦後はF-51と登録名が変更された。朝鮮戦争では、空中戦はジェット機の仕事となり、プロペラ機は地上攻撃に使われた。(岡田敏彦撮影)
  • 朝鮮戦争で国連軍の一翼を担った英陸軍のセンチュリオン戦車(岡田敏彦撮影)
  • 朝鮮戦争で、空中戦において高い性能を持つソ連のMig-15が前線に現れ、劣勢に立った国連軍は急きょ最新鋭の米国製戦闘機F-86セイバーを投入。第二次大戦での熟練パイロットらが空中戦を繰り広げた(岡田敏彦撮影)
  • 米国の戦闘機「コルセア」も朝鮮戦争では主に戦闘機としてではなく地上攻撃に使われた(岡田敏彦撮影)
  • 英国空軍のジェット戦闘機「ミーティア」。第二次大戦末期に登場したが、5年後の朝鮮戦争ではすでに空中戦では2線級だった。(岡田敏彦撮影)
  • Mig-15やF-86と同様に後退角をもつ主翼を備えた米国のF-9Fクーガー。空中戦はジェット機同士の戦いとなり、前線への投入が急がれたが、クーガーは休戦までの投入は間に合わなかった。(岡田敏彦撮影)
  • 朝鮮戦争で北朝鮮側の主力航空戦力として猛威を振るったMiG-15(米空軍HPより)
  • 朝鮮戦争初頭、北朝鮮軍のMiG-15が優勢のなか、国連軍の切り札として登場したF-86セイバー(米空軍HPより)
  • 朝鮮戦争で国連軍として参戦した米空軍のF-86セイバー戦闘機。派手なマークは、後に宇宙飛行士となるジョン・グレン少佐の乗機。(米空軍HPより)
  • 「高高度防衛ミサイル(THAAD)」を在韓米軍に配備することを決定したと発表し、握手を交わす米韓関係者=7月8日、ソウルの韓国国防省(聯合=共同)
  • THAADの発射実験=2010年6月、ハワイ・カウアイ島(AP)
  • 国家安全保障会議で発言する韓国の朴槿恵大統領=14日、ソウル・青瓦台(聯合=共同)
  • ハワイ・カウアイ島で行われたTHAADの発射実験=2010年6月(AP)


【軍事ワールド】

 韓国で「戦争の英雄」の戦果が偽物だったとの証言が飛び出し、物議をかもしている。朝鮮戦争勃発時の1950年に、火炎瓶を手に命がけで北朝鮮軍戦車を破壊したとして「国の英雄」に認定されていた小隊長が、実は戦わずに敵前逃亡していたというのだ。(岡田敏彦)

 実は逃げていた

 焦点となっているのは“英雄”のシム・イル小隊長。その「功績」は1950年6月に始まった朝鮮戦争でのものだ。開戦当初は戦車をほとんど持たない韓国軍に対し、北朝鮮が大量のソ連製T-34戦車で攻勢をかけたことから、韓国軍にとっては敵戦車の破壊が最重要課題だった。当時韓国にあった対戦車砲や小口径のバズーカ砲(無反動砲)では歯が立たず、韓国軍は総崩れした。この窮地に立ち向かったのがシム氏だ、というのが定説だった。

 韓国KBSラジオ(電子版)などによると、シム氏は開戦当日の6月25日、北朝鮮と国境を接する韓国北東部の江原道にある春川市で、北朝鮮の「戦車型自走砲」10台あまりを発見。対戦車砲部隊の小隊長だったシム氏は砲撃を開始するものの、命中した弾はすべて戦車の装甲にはじかれた。

そこで、5人でチームを組んで手榴弾と火炎瓶で肉迫攻撃を行い…

産経デジタルサービス

IGN JAPAN

世界最大級のビデオゲームメディア「IGN」の日本版がついに登場!もっとゲームを楽しめる情報をお届けします。

産経オンライン英会話

90%以上の受講生が継続。ISO認証取得で安心品質のマンツーマン英会話が毎日受講できて月5980円!《体験2回無料》

サイクリスト

ツール・ド・フランスから自転車通勤、ロードバイク試乗記まで、サイクリングのあらゆる楽しみを届けます。

ソナエ

「ソナエ 安心のお墓探し」では、厳選されたお墓情報を紹介! 相続、葬儀、介護などのニュースもお届けします。