【試乗インプレ】完璧なスタイル 常時4人乗車が前提の快適性 ジャガー・F-PACE(後編) (1/5ページ)

2016.8.7 17:14

  • ロングノーズと傾斜のきついリアハッチが、停まっている時にもスピードを感じさせる。ジャガー・F-PACE
  • 自社開発のディーゼルエンジン「インジニウム」ジャガー・F-PACE
  • すっきり上質なインテリア。ジャガー・F-PACE
  • 後ろに傾斜したBピラーはカッコいいのだが、ドアを開けると…ジャガー・F-PACE
  • サイドミラーは鏡面端に後方接近車両のアラート内蔵(L字型にくすんだ部分)。カバー下部には前輪まわりの死角を捉えるカメラも装備。ジャガー・F-PACE
  • 前席ドア内張り。ジャガー・F-PACE
  • パワーウインドウのスイッチは窓枠部分に。窓枠にこれだけ厚みがとれるってすごい。ジャガー・F-PACE
  • ドアハンドルからアームレスト。シート位置メモリーのボタンはパワーウィンドウのスイッチと間違えて押しそうになる配置。窓、シート、それぞれに近い位置に、という理屈はわかるが…ジャガー・F-PACE
  • ロッカーパネルにはロゴ入りプレート。ジャガー・F-PACE
  • このシートが絶品!座ればわかります。ジャガー・F-PACE
  • アクセルペダルが吊り下げ式なのはちょっと意外。ジャガー・F-PACE
  • 空調吹き出し口。小さくロゴが。ジャガー・F-PACE
  • 目の詰まった良質のいい革が巻かれたハンドル。クルーズコントロールやインフォテインメントシステムのスイッチ類も装備。ジャガー・F-PACE
  • 純正ナビはなかなか優秀、なのだが音声がちょっと…エンジンスタートボタンは空調スイッチの右下に。ジャガー・F-PACE
  • 総液晶のメーターパネル。多機能・便利で見やすいが、やっぱり何か物足りない。ジャガー・F-PACE
  • Sモードに切り換えると、速度計と入れ替って回転計が中央に。ジャガー・F-PACE
  • シフトチェンジはダイヤル式。触感、節度感が重厚で気合いの入ったパーツ。ジャガー・F-PACE
  • エンジンを切ると、この通り格納されて面一に。エンジン始動で再びせり上がる。ジャガー・F-PACE
  • 後部ドア、仕上げは前席と同等で手抜きなし。ジャガー・F-PACE
  • 背もたれの角度、高さが絶妙で座り心地最高の後席。運転は誰かに任せて後ろに乗りたくなる快適さ。ジャガー・F-PACE
  • アームレストを出すとこんな感じ。ジャガー・F-PACE
  • 後席にも風量調節付き空調吹き出し口。その下には…ジャガー・F-PACE
  • 12ボルトの電源ソケットとUSBジャックが2つ!すぐ上にはラバーで滑り止め加工された携帯電話置き場。後席でも携帯充電できます。ジャガー・F-PACE
  • 試乗車はサンシェードつきガラスルーフ仕様。ジャガー・F-PACE
  • こらもう運転せんと後ろに乗ったほうが気分ええわなぁ。ジャガー・F-PACE
  • リアハッチ開口部は幅広く、変な出っ張りのない使いやすい形状だが下端は高め。ジャガー・F-PACE
  • ドアハンドルは左右に、電動開閉ボタンも。ジャガー・F-PACE
  • リアハッチの解錠はナンバー上の電磁スイッチ。リアカメラもココに。ジャガー・F-PACE
  • キャディーバッグを横向きに収納できる広い荷室。荷室カバーをつけたままでも結構な高さがある。ジャガー・F-PACE
  • 左6:右4で分割可倒な後席をワンタッチで倒すボタン。これは右側用。ジャガー・F-PACE
  • 右4を倒し…ジャガー・F-PACE
  • 右6も倒すと車中泊可能な広さ。ジャガー・F-PACE
  • 淡路SAエリア内には明石海峡大橋を見下ろす観覧車がある。ジャガー・F-PACE
  • 上り路線、下り路線の駐車場をどちらからでも自由に行き来できる構造で、それぞれ少しずつ違う眺望を楽しめる。ジャガー・F-PACE
  • レストハウスは南欧風リゾートホテルのようなしゃれた作り。ジャガー・F-PACE
  • 中に入ると採光窓からさんさんと日光が降り注ぐガラス張りのテラス。ジャガー・F-PACE
  • ゆるキャラと土産物のノボリがなければ地中海の雰囲気。これが大阪市内から1時間ちょっとのロケーションとは。関西侮れじ。ジャガー・F-PACE
  • 明石海峡大橋を臨む淡路SAにて。ジャガー・F-PACE
  • セダンのXシリーズに通じる精悍なジャガー顔。ジャガー・F-PACE
  • 引き締まったボディーラインがSUVらしからぬシャープな造形。ジャガー・F-PACE
  • ジャガー・F-PACE
  • エンブレムの奥に非常ブレーキ&クルーズコントロール用のセンサー。上部には死角を映し出すカメラ。ジャガー・F-PACE
  • フロントグリルに設置されたカメラからの映像が死角低減に役立つ。ジャガー・F-PACE
  • ジャガー・F-PACE
  • ジャガー・F-PACE
  • リアフェンダーに鋭く切り込んだテールランプが夜道にジャガーの刻印を残す。ジャガー・F-PACE
  • 極太トルクを発生させ、巨体を軽々と動かすリッターディーゼルエンジン。ジャガー・F-PACE
  • 後ろ姿はスポーツクーペのF-TYPEを彷彿させる。ジャガー・F-PACE


 日本デビューしたてのF-PACE。前編では走行性能や乗り心地、燃費について見てきたが、今回は内外装デザイン、使い勝手を掘り下げる。(文と写真:Web編集室 小島純一)

 前後左右、どこから見てもカッコイイ

 前編でも書いたとおり、まずパッと見がでかい。試乗車の色が膨張色である白だったから余計にそう感じる。SUVだから背が高く、加えて1.9メートルを超える横幅が威圧感を上塗りする。大きく口を開けたフロントグリルも迫力満点だ。

 フロントマスクは最近のジャガー顔を踏襲しており、前を走る車に対するバックミラー越しのアピールが強烈。駐車場に止めている時でさえ、その面構えがオーナーの気持ちを高ぶらせるだろう。

 横からの眺めでは、そのSUVらしからぬロングノーズが際立つ。リアハッチを思い切り寝かせた流麗な横顔と相まって、あたかも背の高いスポーツカーという風情を醸し出す。短いフロントオーバーハングが高い運動性能を想起させると同時に、デザイン全体に高級車らしい安定感をもたらしている。

 そして“お尻”は、こちらも最近のジャガー風味を踏襲。リアガラスからそのままテールランプにつながる流れは、プロテニスプレーヤー錦織圭の愛車としてもおなじみのスポーツクーペF-TYPEをも彷彿させ、「く~コレコレ!」と思わず呟いてしまったほどだ。

 ここ数年、国内外各メーカーでSUVのラインナップが充実し、スタイリッシュなデザインの車種が増えてきたが、ライバルひしめくなかでもこのF-PACEのスタイルは格別。大型SUVではダントツのデザインと言っていい。前後左右、どこから見てもカッコ良く、文句のつけようがない。

 前編の冒頭で昨年の東京モーターショーで一目惚れ、みたいなことを書いたけれど、まさにあの時の第一印象そのままだった。

 これまでセダンとスポーツカーにカテゴリーを絞ってクルマを作ってきたジャガー。セダンもスポーツカーも、自動車のもっとも古典的なスタイルであり、ワゴンやミニバンなどと比べると、デザイン上の制約が少なく、美しい形状のクルマを作りやすいカテゴリーだ。実際、歴代のジャガーは世代によってテイストの違いはあれ、いずれも外観デザインが美しく、その形が所有欲を喚起させる車種が多かった。そんなジャガーが作った初めてのSUVが美しいのは必然なのかもしれない。

異彩を放つシフトダイヤル

産経デジタルサービス

IGN JAPAN

世界最大級のビデオゲームメディア「IGN」の日本版がついに登場!もっとゲームを楽しめる情報をお届けします。

産経オンライン英会話

90%以上の受講生が継続。ISO認証取得で安心品質のマンツーマン英会話が毎日受講できて月5980円!《体験2回無料》

サイクリスト

ツール・ド・フランスから自転車通勤、ロードバイク試乗記まで、サイクリングのあらゆる楽しみを届けます。

ソナエ

自分らしく人生を仕上げる終活情報を提供。お墓のご相談には「産経ソナエ終活センター」が親身に対応します。