【試乗インプレ】世界が認めた名車の異母兄弟 アバルト・124スパイダー(前編) (1/5ページ)

  • 琵琶湖東岸の街、長浜の黒壁スクエアにて。渋い日本家屋と派手なイタ車のコントラストも乙なもの。アバルト・124スパイダー
  • ロードスターとの最大の違いは、このイタリア産エンジン。小排気量ながらターボ付きでホットな出力特性。アバルト・124スパイダー
  • 内装はロードスターとの差が少ないが、よく見ると…アバルト・124スパイダー
  • 黒壁スクエアの中心部にある洒落た洋館「黒壁ガラス館」前にて。アバルト・124スパイダー
  • アバルト・124スパイダー
  • アバルト・124スパイダー
  • 往年のラリー仕様車にならって、ソリッドな赤と日光の反射を抑え防眩効果のあるマットな黒のツートンに塗り分けられた「ヘリテージルック」。アバルト・124スパイダー
  • ベースになったマツダ・ロードスターは女性的なボディーラインだが、こちらは運動性能の高さをアピールするかのようにマッシブなデザイン。アバルト・124スパイダー
  • 真横からの眺めでもロードスターとはだいぶ印象が異なる。アバルト・124スパイダー
  • トランクリッドもつや消し黒で後ろ姿も精悍。アバルト・124スパイダー
  • 4本出しマフラーが迫力満点。3リッター6気筒くらい積んでいそうな風情。アバルト・124スパイダー
  • 前後輪ともに205/45R17とロードスターより一回り太いタイヤと大きなホイール。赤く塗られたブレーキキャリパーはブレンボ製。アバルト・124スパイダー
  • アバルト・124スパイダー
  • 琵琶湖周辺はあいにくの霧模様。湖越しの西岸の山並みを背景に…という目論見はあえなく頓挫。アバルト・124スパイダー


 冬のドライブは何と言ってもオープンカーである。意外に思われるかもしれないが、屋根を開けていても、耳から下は温かい「走る露天風呂」。空気も乾燥しているし、お日様も穏やかだから実は一番快適に走れるのが冬なのだ。まだ試乗していない手頃なオープンカーの新型車はないものか、と各メーカーのサイトを漁っていると…ありました!ということで、新年一発目は赤黒ツートンのイタリア車で幕開け。(文と写真:Web編集室 小島純一)

 マツダ・ロードスターの異母兄弟

 「イタリア車」と書いたけれど、アバルト・124スパイダーは純粋なイタリア車ではなく、日伊ハーフの変わり種。日本が誇る軽量オープンスポーツ、マツダ・ロードスターをベースに、エンジン、足回り、ボディーをフィアット・クライスラーグループのカスタムメーカー、アバルトが載せ替えた兄弟車である。

 ボディーについては次週の後編で詳しく触れるとして、エンジンから見ていこう。ロードスターが自然吸気の1.5リッターエンジンであるのに対し、124スパイダーは「マルチエア」と名付けられた1.4リッターのターボ付エンジン。排気量は小さくなっているが、ターボ過給によってロードスターを上回る馬力とトルクを実現している。

 足回りも強化されており、タイヤは一回り大きい17インチ、大径ブレーキディスクにブレンボ製のキャリパー、ビルシュタイン製のダンパーと、よりスポーツ走行に適した装備で固められている。ちなみに試乗車のタイヤはハイグリップタイプのブリヂストン・ポテンザRE050Aが装着されており、乗るまでもなく、スペックを見るだけでアバルトのやる気が伝わってくる。

 小排気量ながら加速は痛快

 堺市のディーラーでクルマを借り出し、さっそくオープンにして夕刻の大通りを走り出す。段差や小さな凹凸を結構拾う感じはするものの、予想していたよりも乗り心地は悪くない。ソフトとは言えないが、普段使いできるぎりぎりの快適性は確保されている。

意味もなく角を曲がってみたくなる気持ちよさ