XC90に次ぐ新たなボルボのフラッグシップ S90/V90/V90クロスカントリーがデビュー (1/2ページ)

2017.3.4 16:15



 SUVの新型XC90をボルボの新世代モデルと位置づけると、それに続くのがセダンのS90、ステーションワゴンのV90、V90派生のV90クロスカントリーの3モデルです

 2月22日に日本で発表されたS90/V90は、高級サルーン(ワゴン)を再定義するという想いが込められた力作。XC90と同様に「SPA(SCALABLE PRODUCT ARCHITECTURE)」という新プラットフォームをはじめ、「Drive-E」と呼ぶ自社製パワートレーン、そして新しいデザインが採用されています。

 「SPA」の特徴のひとつとして、デザインの自由度が高い点が上げられています。XC90と同様にモダンでスタイリッシュな内・外装が目を惹くS90/V90は、ボルボ・デザインの新世代化がさらに進んでいることを強く感じさせます。

 S90のボディサイズは、全長4965×全幅1880×全高1445mm、ホイールベースは2940mm。V90は全長4935×全幅1880×全高1475mm、ホイールベースは同値。ワゴンの方が30mm短く、全高は30mm高くなっています。

 ライバルと比べると、メルセデス・ベンツEクラスのセダンは、全長4930×全幅1850×全高1455mm、ホイールベースは2940mm。新型にスイッチしたばかりのBMW5シリーズ(セダン)は、全長4945×全幅1870×全高1480mm、ホイールベースは2975mm。アウディA6が全長4945×全幅1875×全高1465mm、ホイールベースは2910mm。

 ドイツプレミアム御三家よりも全長が20~35mm長く、全幅も5~30mmワイドになっていて、全高はEクラスとともに最も低くなっています。実車を目の当たりにすると大きく見えるのは、やはり全長の差、そしてデザインがそうさせるのかもしれません。また、ボルボが主張するようにFF(もしくはAWD)には見えず、FR高級サルーン(ワゴン)的なフォルムに見えます。

安全装備をさらに強化

clicccar クリッカー

産経デジタルサービス

IGN JAPAN

世界最大級のビデオゲームメディア「IGN」の日本版がついに登場!もっとゲームを楽しめる情報をお届けします。

産経オンライン英会話

90%以上の受講生が継続。ISO認証取得で安心品質のマンツーマン英会話が毎日受講できて月5980円!《体験2回無料》

サイクリスト

ツール・ド・フランスから自転車通勤、ロードバイク試乗記まで、サイクリングのあらゆる楽しみを届けます。

ソナエ

「ソナエ 安心のお墓探し」では、厳選されたお墓情報を紹介! 相続、葬儀、介護などのニュースもお届けします。