【試乗インプレ】海外も称賛する斬新デザイン ファンの熱い声で市販化したレクサス「LC」(後編) (1/5ページ)

  • 大きく張り出したフェンダー。押し出しの強いリヤボディはボリューム感たっぷり。逆にフロントはすっきりとスリムだ
  • 斬新なデザインのリヤコンビランプ。パワーがオフの時は、すりガラスのような状態
  • 唯一無二の斬新なレクサスデザイン。ミラー加工で奥行き感を出したこのテールランプは衝撃的
  • 箱根の芦ノ湖周辺を走るレクサス「LC」
  • このクルマが走ってきたら、やっぱり振り返りますよね…
  • クーペらしいロングドアを開けると、自然と気分が高まってくる
  • 色鮮やかなインテリア。室内色は「ダークローズ」
  • 3点スポークのハンドル
  • LCのインテリア
  • エアコンの操作スイッチはシンプルに分かりやすく配置されている
  • エレクトロシフトマチックを採用したシフトレバー。その左はタッチパッド式のリモートタッチ。正直インフォテインメントは使いづらい。リモートタッチの操作感もスムーズさを欠く
  • アダプティブ・クルーズコントロール(ACC)はハンドルスポークのスイッチで操作
  • ハンドル右側のカバーを押し下げるとETC車載器が出現する。その上には給油リッド、HUD(ヘッドアップディスプレイ)、トランクリッドのスイッチが並ぶ
  • 運転席側ドア周りのスイッチ類
  • パワーシートの操作レバー。丸形ボタンはランバーサポートの操作スイッチ
  • アルミ製のスポーツペダル。アクセルペダルは足が安定して踏みやすいオルガン式だ
  • 突然の事故や急病時に警察や消防へすばやく接続する「ヘルプネット」のボタン
  • ルームミラーを通して見る後方視界と、打ちっぱなしに興じる2人の男性
  • 助手席から見る直線基調のダッシュボード。こちら側の足元はとっても広い
  • 助手席のパッセンジャーが握りやすいよう中央にも設置したハンドグリップ
  • 後席に乗り込む際は、フロントシートのショルダー部に設置したレバーでシートバックを前倒しする
  • 後席に乗り込むときは、シートベルトのストラップを外してから、前席のシートバックを前倒しする
  • カーボン製のスカッフプレート(サイドシル)
  • 10.3インチのワイドディスプレイは、ナビが見やすくて便利だ
  • レクサスの象徴、スピンドルグリル。好き嫌いは別として、かなり手の込んだ作りなのは確か
  • 3眼LEDヘッドランプとL字型のクリアランスランプ
  • リヤに向かって流れるラインを見ると、フェンダーの張り出しがよくわかる
  • クロムのルーフラインとリヤフェンダーの張り出しが美しい
  • フロント245/40RF21+リヤ275/35RF21ランフラットタイヤと鍛造(たんぞう)アルミホイール
  • 21インチのランフラットタイヤを装着
  • 奥行きのあるLEDリヤコンビランプ。よく見るとリヤにもスピンドルのモチーフを採用している
  • 見づらいが中には2本のマフラーが格納されている
  • ガソリン車(写真)のトランク容量は197リットル。ハイブリッド車は172リットルとかなり小さい
  • 床面積は3段脚立がぎりぎり入る程度
  • LCを見下ろす@箱根ターンパイク
  • ボディカラーは「ラディアントレッドコントラストレイヤリング」(早口言葉みたい…)
  • リヤのボリューム感が分かりやすいショット
  • フロントからリヤに流れるルーフラインが実に美しい。後部ピラーを隠したウインドーデザインで、クロムのラインも映える
  • サイドから見るリヤエンド
  • フロントミッドシップ(前輪車軸より後ろの位置)に配置した5リッターV型8気筒NAエンジン
  • フロントミッドシップ(前輪車軸より後ろの位置)に配置した5リッターV型8気筒NAエンジン
  • 赤い部分はアルミのサスペンションタワー。スチール素材をはるかに上回る軽量化と高剛性を実現している
  • 助手席に座るパッセンジャーも、ドアを開いた瞬間にテンションが上がるはず?
  • ドレープ加工を施したドアトリム
  • 色鮮やかなインテリア。室内色は「ダークローズ」。後席の狭さはあきらめましょう
  • 後席にも座ってみたが、レッグスペースは皆無。頭はリヤウインドーにゴチン。2シーターとの割り切りが必要です
  • ラグジュアリークーペのLC
  • ドアミラーに組み込まれたターンシグナル
  • カーブを曲がるときは要注意!
  • 試乗車のルーフはカーボン製。ほかにガラスルーフもある。クロムのラインがポイントだ
  • 箱根の定番スポット。このすぐ後に、ホワイトのLC500hがテレビ神奈川の撮影でやってきて、まさかの“LC共演”に…
  • LCをじっくり見ようと背後にピタリとつけるクルマがたくさんいました(@箱根ターンパイク)
  • 唯一無二の斬新なレクサスデザイン。ミラー加工で奥行き感を出したこのテールランプは衝撃的(国内発表会で大竹信生撮影)
  • 斬新なデザインのリヤコンビランプ。パワーがオフの時は、すりガラスのような状態
  • アダプティブ・クルーズコントロール(ACC)を70キロに設定して、小田原厚木道路を走行中
  • 手に馴染みやすい素材を採用した電子キー
  • モードに合わせてインパネのメーターリングが変化する。(左上から時計回りに)スポーツモード、エコモード、スポーツ+モード、ノーマルモード。スポーツ+は視覚的にテンションもアップ
  • センターコンソールの開閉写真
  • トランクリッドを閉じる際に便利なグリップ。これもちょっとしたおもてなし
  • 3眼LEDヘッドランプとターンシグナル点灯時/消灯時
  • 空力に配慮したポップアップハンドル。左は格納時、右はアンロックした状態。指を下からひっかけてドアを開ける
  • 箱根を走るレクサス「LC500」とオンルッカー
  • 華麗なデザインのテールランプ。実はリヤにもスピンドルのモチーフを採用している
  • 2012年の米デトロイト自動車ショーで披露されたコンセプトカー「LF-LC」。LCの原型となっているクルマだ
  • 2012年の米デトロイト自動車ショーで披露されたコンセプトカー「LF-LC」。LCの原型となっているクルマだ


 レクサスの新型フラッグシップクーペ「LC」は、2012年の米デトロイト・モーターショーで披露されたコンセプトカーを「市販化してほしい」との自動車ファンの熱い要望に応えて今春デビューさせたモデル。本格スポーツカーとしての高い走行性能もさることながら、このクルマのハイライトは人々の視線を釘付けにする斬新なデザインにある。今回の後編では豊富な写真と併せて内外装のインプレッションと総評をお届けする。(文・大竹信生/SankeiBiz 写真・瀧誠四郎)

 米メディアやファンも称賛

 たまにこういう声を耳にする。「レクサスのデザインはあまり好みじゃない」、「あのフロントグリルはちょっとね」-。見た目の好みは十人十色。「このクルマはカッコいい」という人もいれば、もちろんその逆もありえるわけだ。筆者だって正直に言えば、「HS」と「CT」のデザインは…(どうかお察しください)。ただ、今回の「LC」に関してはちょっと様子が違う。少なくとも筆者の周りでは「このクーペはちょっとイイなあ」、「リヤのデザインが素晴らしいね」などと、ポジティブな感想をよく聞く。最近の米ブルームバーグの試乗記でも「レクサスが近年発表した中では、トップクラスのデザイン」と外観を称賛している。個人的に究極に面白かったのは、筆者の上司の「レクサスで初めてカッコいいと思った」という発言だった。失礼にも聞こえるがよく考えると、これまでレクサスを評価しなかった人による“最大級の賛辞”とも捉えることができる。実に多国籍なメンバーを抱えるレクサスのデザインチームの情熱が認められ始めているということだ。

 LCはもともと12年のデトロイト・ショーで披露されたコンセプトカー「LF-LC」が原点だ。その独創的なデザインに世界の自動車メディアやファンが興奮し、一気に注目を集めることとなった。以降、LF-LCの市販化を望む声が日増しに強くなり、レクサスは開発に着手することを決断。コンセプトカーのルックスをほぼ維持したまま(※写真一覧を参照)、5年の歳月を経てついに発売までこぎ着けたという背景がある。

視線を釘付けにする斬新なリヤコンビランプ

産経デジタルサービス

IGN JAPAN

世界最大級のビデオゲームメディア「IGN」の日本版がついに登場!もっとゲームを楽しめる情報をお届けします。

産経オンライン英会話

90%以上の受講生が継続。ISO認証取得で安心品質のマンツーマン英会話が毎日受講できて月5980円!《体験2回無料》

サイクリスト

ツール・ド・フランスから自転車通勤、ロードバイク試乗記まで、サイクリングのあらゆる楽しみを届けます。

ソナエ

「ソナエ 安心のお墓探し」では、厳選されたお墓情報を紹介! 相続、葬儀、介護などのニュースもお届けします。