【試乗インプレ】コンパクトSUVのベストバイ トヨタ・C-HRハイブリッド(前編) (1/3ページ)

  • エッジの効いたシャープなデザインのトヨタ「C-HR」
  • トヨタの世界戦略車「C-HR」。コンパクトなボディーで走る場所を選ばない
  • トヨタ「C-HR」はプリウスと同じハイブリッドシステムを搭載する
  • 質感の高いインテリア。クルーズコントロールも搭載される
  • プリウスと同じハイブリッドシステムを搭載するトヨタ「C-HR」
  • スポーティーなデザインでコンパクトSUVで1番人気を誇る
  • 複雑な曲線と直線でエッジの効いたボディーを生み出す
  • 複雑な曲線と直線でエッジの効いたボディーを生み出す
  • メーターはシンプルだがさまざまな情報が表示される
  • トヨタ「C-HR」、質感の高いインテリア、シートのキルティングがオシャレだ
  • トヨタの世界戦略車「C-HR」。コンパクトなボディーで走る場所を選ばない
  • トヨタの世界戦略車「C-HR」。コンパクトなボディーで走る場所を選ばない
  • エッジの効いたシャープなデザインが魅力のトヨタ「C-HR」


 これまでのトヨタ車とはひと味違うカッコいいデザインの「C-HR」。小島記者のガソリン仕様車のインプレッションに続いて、販売の主力を占めるハイブリッド車を紹介する。「C-HR」という車名由来は、「コンパクト・ハイ・ライダー」の略だという。(文・写真 土井繁孝/産経新聞大阪本社写真報道局)

 もちろんガソリン・ハイブリッド仕様ともにボディーは同じ。さまざまな曲線で包まれ、どの角度から見てもエッジが効いてワイルドな表情をみせる。光のあたり方によって変化するグラデーションが迫力ある立体感を生みだし、張り出したリアフェンダーからテールライトに向かって絞り込まれていくボディーは躍動感にあふれスポーティーな雰囲気を醸し出す。

 これだけ複雑なラインをプレスで作り出すにはさぞかし金型作りに苦労しただろうなと感心するほどの完成度だ。

 注目をあびる個性的なデザインのエクステリアだが、ハイブリッド車のパワートレインは「プリウス」と同じ。エンジンもモーターもほぼ共通のパーツを使っている。違いといえば、少し重たいボディーを加速させるためにミッションのファイナルギア比が変更されているくらいだ。

 だが見た目はまったく違い、「C-HR」はコンセプトカーをそのまま売り出したようなデザイン。ライバルとなるとホンダの「ヴェゼル」にマツダの「CX-3」、少し古いが日産の「ジューク」あたりだろう。

斬新なデザイン採用は将来のモータリゼーションに対するトヨタの危機感から?

産経デジタルサービス

IGN JAPAN

世界最大級のビデオゲームメディア「IGN」の日本版がついに登場!もっとゲームを楽しめる情報をお届けします。

産経オンライン英会話

90%以上の受講生が継続。ISO認証取得で安心品質のマンツーマン英会話が毎日受講できて月5980円!《体験2回無料》

サイクリスト

ツール・ド・フランスから自転車通勤、ロードバイク試乗記まで、サイクリングのあらゆる楽しみを届けます。

ソナエ

「ソナエ 安心のお墓探し」では、厳選されたお墓情報を紹介! 相続、葬儀、介護などのニュースもお届けします。