【CAのここだけの話♪】〈私たちとの交際〉男性必見の「3つの心得」教えます! (1/3ページ)

  • 新田祐子さん
  • 新田さん。インド洋の島国、モルディブにて
  • 新田さん。タイのプーケットにて
  • 新田さん。マレーシアのパンコール島にて
  • 新田さん。上海ディズニーランドにて
  • 新田さん。東南アジア1位の高さを誇るマレーシアの通信塔KLタワーにて
  • 新田さん。北海道・富良野のラベンダー畑にて
  • シンガポールのリゾートホテル、マリーナベイ・サンズとマーライオン


 SankeiBizの読者の皆さんだけに客室乗務員(CA)がこっそり教える「ここだけ」の話。第8回はマレーシアの航空会社に日本人CAとして乗務4カ月目の新田祐子がお送りいたします。

 (自分でいうのもあれですが)花形の職業と言われることもある「CAと付き合ってみたい!」と男性なら一度は思われたこともあるのではないでしょうか? ここだけの話、私の周りでも、「CAになってから食事の誘いが増えた」という子も少なくありません。今回はそんなCAとお付き合いしたい男性に必見! 客室乗務員とお付き合いする際に男性に心得ていてほしいことを、厳選して3つお話したいと思います。

▽不規則な生活リズム

 一見華やかに見えますが、私たちCAの仕事は大変激務です。

 深夜2時発のフライトに乗ることもあれば、早朝に帰国したり、時には朝6時に会社から電話がかかり、そのままフライトに直行することも…。もちろんお休みの日も不定期ですので、みなさまがお休みの土曜日・日曜日にフライトがあるということも日常茶飯事。つまり、なかなかデートの時間が確保できなかったり、ゆっくり会える時間が限られてしまうときもあります。場合によっては、電話をすることさえも難しいときも…。

 そんなときに彼女を責めたりせずに、お互いが時間をつくる努力をすることが大切なのだと思います。忙しいのはお互い様でしょうが、お互いのスケジュールを確認して見通しをもった予定をたてることが大切です(余談ですが、ちなみに私の友人は半年先のデートの予定まで決まっていました…笑)。

CAは出逢いの多い職業

今、あなたにオススメ
Recommended by