【試乗インプレ】「馬車」で読み解く初期の自動車史 トヨタ博物館見学記(常設展示・前編) (4/4ページ)

  • トヨタ博物館
  • 常設展示はこの一台からスタート。史上初の自動車、ベンツ・パテントモトールヴァーゲン“レプリカ”(1886年・独)。トヨタ博物館
  • スタンレー・スチーマーモデルE2(1909年・米)。トヨタ博物館
  • 人力車(明治後期・日本)。トヨタ博物館
  • フォード・モデルT(1909年・米)。トヨタ博物館
  • イタリアンレッドのアルファロメオ・6C1750グランスポルト(1930年・伊)。トヨタ博物館
  • 映画の題材にもなった悲運の名車。タッカー’48(1948年・米)。トヨタ博物館
  • ベンツ・ヴェロ(1894年・独)。トヨタ博物館
  • ド・ディオン・ブートン13/4HP(1898年・仏)。トヨタ博物館
  • パナール・ルヴァッソールB2(1901年・仏)。トヨタ博物館
  • ベイカー・エレクトリック(1902年・米)。トヨタ博物館
  • オールズモビル・カーブドダッシュ(1902年・米)。トヨタ博物館
  • ランチェスター(1904年・英)。トヨタ博物館
  • イソッタ・フラスキーニティーポI(1908年・伊)。トヨタ博物館
  • ロールスロイス・40/50HPシルバーゴースト(1910年・英)。トヨタ博物館
  • キャデラック・モデルサーティ(1912年・米)。トヨタ博物館
  • モーリス・オックスフォード(1913年・英)。トヨタ博物館
  • プジョー・ベベ(1913年・仏)。トヨタ博物館
  • デイムラー・タイプ45(1920年・英)。トヨタ博物館
  • あれ?後輪がない、と思って後ろに回ると…モーガン・エアロ(1922年・英)。トヨタ博物館
  • …3輪でした。モーガン・エアロ(1922年・英)。トヨタ博物館
  • エセックス・コーチ(1923年・米)。トヨタ博物館
  • オースチン・セブン“チャミー”(1924年・英)。トヨタ博物館
  • シボレー・スペリアシリーズK(1925年・米)。トヨタ博物館
  • シトロエン・5CVタイプC3(1925年・仏)。トヨタ博物館
  • フレンチブルーに塗られたブガッティ・タイプ35B(1926年・仏)。トヨタ博物館
  • 運転席とキャビンの仕立てを比べてみよう。イスパノスイザ・32CVH6b(1928年・仏)。トヨタ博物館
  • キャビンはさながら応接室。運転席との間にはガラスの仕切りも。イスパノスイザ・32CVH6b(1928年・仏)。トヨタ博物館
  • デューセンバーグ・モデルJ(1929年・米)。トヨタ博物館
  • ブリティッシュグリーンのベントレー・41/2リットル(1930年・英)。トヨタ博物館
  • シボレー・コンフィデレイトシリーズBA(1932年・米)。トヨタ博物館
  • ようやく国産車が登場。さらに古い国産車の模型展示もある。ダットサン・11型フェートン(1932年・日本)。トヨタ博物館
  • 時代は流線形へと移行していった。デ・ソート・エアフローシリーズSE(1934年・米)。トヨタ博物館
  • フォード・モデル40(1934年・米)。トヨタ博物館
  • 佐賀の鍋島家当主、鍋島直泰氏がシャシーで購入し自らボディーをデザイン、日本の職人に製作・架装させた珍しい一台。イスパノスイザ・K6(1935年・仏)。トヨタ博物館
  • メルセデスベンツ・500K(1935年・独)。トヨタ博物館
  • 筑波号東京自動車製造株式会社製(1935年・日本)。トヨタ博物館
  • ルパンのチンクエチェントのご先祖。確かにこりゃ“ねずみ”だ。フィアット・500“トッポリーノ”(1936年・伊)。トヨタ博物館
  • ランチア・アストゥーラティーポ233C(1936年・伊)。トヨタ博物館
  • シトロエン・11B(1937年・仏)。トヨタ博物館
  • レトロフューチャーの白眉。1930年代とは思えない。コード・フロントドライブモデル812(1937年・米)。トヨタ博物館
  • リンカーン・ゼファシリーズHB(1937年・米)。トヨタ博物館
  • SS・ジャガー100(1937年・英)。トヨタ博物館
  • SS・ジャガー100(1937年・英)。トヨタ博物館
  • ブガッティ・タイプ57C(1938年・仏)。トヨタ博物館
  • プジョー・402(1938年・仏)。トヨタ博物館
  • ヒトラーの掲げた「国民車構想」に基づいてフェルディナント・ポルシェが設計したフォルクスワーゲン・38プロトタイプ“レプリカ”(1938年・独)。トヨタ博物館
  • ドラージュ・タイプD8-120(1939年・仏)。トヨタ博物館
  • パッカード・トゥエルヴ“ルーズヴェルト専用車”(1939年・米)。トヨタ博物館
  • 防弾ガラスをはじめ装甲車並みに補強を施されたパッカード・トゥエルヴ“ルーズヴェルト専用車”(1939年・米)。トヨタ博物館
  • フォード・モデルGPW“ジープ”(1943年・米)。トヨタ博物館
  • 幌と風防をたたむと、前後フェンダーの上にもう一台のジープを重ねられるように設計されている。フォード・モデルGPW“ジープ”(1943年・米)。トヨタ博物館
  • ボンネットとフェンダーの一体化はこのあたりから。チシタリア・202クーペ(1947年・伊)。トヨタ博物館
  • MG・ミジェットタイプTC(1947年・英)。トヨタ博物館
  • キャデラック・シリーズ60スペシャル(1948年・米)。トヨタ博物館
  • ジャガー・XK120(1951年・英)。トヨタ博物館
  • ポルシェ・356クーペ(1951年・独)。トヨタ博物館
  • サーブ・92型(1951年・スウェーデン)。トヨタ博物館
  • トヨペット・SA型乗用車(1951年・日本)。トヨタ博物館
  • ヨーロッパ戦線から帰還した米兵たちが夢中になったコンパクトな欧州スポーツカーに対抗して作られた、シボレー・コルベット(1953年・米)。トヨタ博物館
  • コルベットの好敵手、フォード・サンダーバード(1955年・米)。トヨタ博物館
  • メルセデスベンツ・300SLクーペ(1955年・独)。トヨタ博物館
  • レーシングカーベースの構造でサイドシルが高く幅広かったため、ガルウイングドアにせざるを得なかったと言われる。メルセデスベンツ・300SLクーペ(1955年・独)。トヨタ博物館
  • メルセデスベンツ・300SLクーペ(1955年・独)。トヨタ博物館
  • 19世紀後半から1950年代の車両が年代順に並ぶ2階フロア。トヨタ博物館
  • トヨタ博物館外観


 ブリティッシュグリーン、イタリアンレッド、フレンチブルーなど、国を象徴する色でレース車両を塗装する「ナショナルカラー」は国際レース発祥である。

 屋根の形状と名称に馬車の名残

 黎明期の自動車には屋根なしのものが多い。つまり自動車は最初オープンカーだった。FR駆動のボンネット型が主流になってもしばらくは幌屋根である。また、開閉可能な幌屋根を「カブリオレ」、2人乗りを「クーペ」と呼ぶがこれらはすべて馬車に由来する。

 最近はあまり聞かなくなったが、「ハードトップ」というスタイルがある。初めて聞いた時は、「屋根が固いのなんか当たり前じゃないか」と思ったものだが、これも初期の幌屋根(=ソフトトップ)が金属製の屋根(=ハードトップ)に進化したことから対義的に生じた呼称。馬車の幌屋根を知らない現代人がピンと来ないのも無理はない。

 ボディーを作っていたのは自動車メーカーにあらず

 現代の乗用車はほとんどがシャシーとボディーが一体となったモノコック構造になっているが、1950年代あたりまではシャシーとボディーは別構造だった。自動車メーカーが作っていたのはエンジン、パワートレイン、サスペンションなどを載せたシャシー部分だけで、その上に架装するボディー内外装はコーチビルダーと呼ばれる専門メーカーに委託していたのである。

 コーチビルダーの「コーチ」というのは馬車の一形態で、つまりは自動車の発明以前から馬車を作っていた製造業者が、馬車から自動車の時代に変わった後もそのノウハウを応用し、ボディーメーカーとして業態を変化させたというわけ。

 1950年代以降、ボディーのモノコック化が進むと需要が縮小、コーチビルダーは自動車メーカーに吸収されるなどして衰退していった。

 他にも流線形の話など興味深いトピックはいろいろあったが、涙を飲んで割愛。今回取り上げたそれぞれのトピックも、だいぶ端折った内容になっている。本文で書ききれず、画像のキャプションで補ったところもあるので、そちらにも目を通していただければと思う。興味が湧いたら、実際に博物館を訪れることを強くおすすめする。クルマ好きだけでなく、近現代史に興味がある方にもサイドストーリー的に楽しんでいただけること請け合い。

 さて、前編はここまで。あす11日掲載予定の後編では1950年代から2000年代までを取り上げる。前編では少なかった国産車の展示も多く、読者の皆さんにも馴染み深い懐かしいクルマが多数登場する。どうぞお楽しみに。(産経ニュース/SankeiBiz共同取材)

 博物館では現在、通常の展示に加えて、親子で楽しめる「ト博夏フェス!2017」を開催中(10月9日まで)。「企画展 再発見!はたらく自動車 ―タクシーの世界―」のほか、土日には屋外で消防車やキャリアカーの実演なども予定されている。

■トヨタ博物館

所在地 愛知県長久手市横道41-100

開館時間 9:30~17:00(入館受付は16:30まで)

入館料 大人1000円、中高生600円、小学生400円、未就学児無料、65歳以上500円

※団体や学校行事、会員証提示の場合は割引料金あり。詳しくはこちらを参照。

休館日 月曜日(祝日の場合は翌日)・年末年始

見学・問合せ専用電話番号 0561-63-5155