【CAのここだけの話♪】〈香港プチ旅行〉乗り継ぎ便までの時間を有効活用 (3/4ページ)

  • 瀬尾夏未さん
  • 瀬尾さん。パリのルーブル美術館前にて
  • 香港のキャセイシティーのNiki
  • 瀬尾さん。レイオーバー中に観光した福岡にて
  • 香港の夜景
  • ローマのカルボナーラが絶品のお気に入りのレストラン前にて
  • 瀬尾さんが旅先で集めているマグネットの一部


▽飛行機好きにはたまらない隠れスポット

 せっかく香港へ来たのだからショッピングや食事だけではなくプチ観光も楽しみたい! でも市内まで行く時間がない…。

 そんな読者の皆様にお勧めなのが、空港とアウトレットモールのちょうど中間地点に位置するキャセイシティーでの写真撮影。空港から青色のタクシーで約5分(約30香港ドル)で到着します。

 キャセイシティー(広東語では國泰城=キャセイの城)とは、香港を拠点とするキャセイパシフィック航空の本社一角の愛称で、「シティー」と呼ばれるだけあり、敷地内にはジムやスイミングプール、バーなどの施設が備えられた乗務員専用のホテル、そして社内にはCAやパイロットの訓練設備、コンビニ、レストラン、食堂などが完備されている空飛ぶクルー達の出発地です。

 残念ながら社内へは関係者以外立ち入り禁止となっておりますが、今回は関係者でなくても立ち入ることができる撮影ポイントを2カ所ご紹介したいと思います。

 まず1カ所目は本社キャセイシティーの玄関外に展示されているキャセイパシフィック航空の二号機Niki。

 現在は退役しているDC3型機のNikiはキャセイパシフィック航空創立60周年を記念して2006年にキャセイシティーへやってきました。

 この地を訪れた方や,訓練を終えたCAが制服姿で記念撮影をする大変人気のあるスポットです。タイミングが良ければブリーフィング前のCAやパイロット達の姿を見ることができるかもしれません。

 2カ所目は約20年間実際に空を飛んでいた747-400のコックピット部分。こちらは本社に隣接するホテルのロビーに16年から展示されています。現在はほとんどの航空会社で既に退役してしまっているQueen of the sky(=空の女王)のコックピットを間近で見られるとありとても貴重な撮影スポットです。

 SNSに載せる写真はバッチリ撮れましたか?

次はお買い物へ!