箱根駅伝、青学大が総合4連覇 6区で首位奪取

  • 「第94回箱根駅伝」総合優勝を決めた青山学院大学の10区、橋間貴弥選手=3日午後、東京・大手町(宮川浩和撮影)
  • 沿道に集まった多くの人々に見守られながら、ゴールへ向かう青山学院大学アンカーの橋間貴弥=3日午後、東京・大手町(納冨康撮影)
  • ゴールする青山学院大学のアンカー、橋間貴弥=3日午後、東京・大手町(戸加里真司)
  • 首位でゴールし、総合優勝を決める青山学院大10区・橋間貴弥 =3日、東京・大手町(撮影・早坂洋祐)
  • 総合2位でゴールする東洋大学10区の小笹椋 =3日、東京・大手町(撮影・早坂洋祐)
  • 総合3位でゴールする早稲田大学10区の谷口耕一郎 =3日、東京・大手町(撮影・早坂洋祐)
  • 総合4位でゴールした日本体育大学10区の中川翔太 =3日、東京・大手町(撮影・早坂洋祐)
  • 総合5位でゴールする東海大10区の川端千都 =3日、東京・大手町(撮影・早坂洋祐)


 青学大が完勝で総合4連覇を達成した。2日の往路は2位で復路は36秒差を追う形でスタートしたが、6区で首位を奪取。その後は1度もトップを譲り渡すことなく、東京・大手町のゴールテープを切った。