【CAのここだけの話♪】〈新婚旅行に行くなら〉世界を飛び回る私のおすすめ (1/4ページ)

  • 渕上智佳さん
  • 渕上さん(右)。機内にて
  • 渕上さん(中央)。コペンハーゲンにて
  • 渕上さん。ドバイのアラブのカフェで
  • ポルトガル・ポルトのアルマス聖堂
  • スイス・ツェルマットのスネガにある展望台
  • イタリアのチンクエ・テッレ


 SankeiBizの読者の皆さんにだけに客室乗務員(CA)がこっそり教える「ここだけ」の話。第19回は中東系の航空会社に日本人CAとして乗務3年目の渕上智佳がお送りします。

▽世界中を結ぶエミレーツ航空CAの1カ月

 ドバイを拠点に世界150都市以上を結ぶエミレーツ航空。日本からは長い時で11時間ほどかかるため、お客様とお話する機会もたくさんあります。よく頂く質問で、「日本に住んでいるの?」と聞かれるのですが、エミレーツ航空のCAは全員ドバイベースでフライトをしています。

 会社のマンションがドバイの様々な場所に建てられているので、そこで1~2人のクルーとシェアをしています。国籍を問わずに一緒に暮らす上で、時には文化の違いから意見が食い違うこともありますが、お互いに自国の家庭料理を作って一緒に食べるなど文化が違うからこそ知れることもたくさんあります。お互いが全く違うスケジュールでフライトしているため、1カ月全く会わない月もあります。

 「日本人だから日本線ばかり飛ぶの?」という質問もよく頂きます。

 こちらも全路線、国籍に関係なくフライトをしておりますので1カ月のスケジュールは世界地図を広げたような全く違った方面へのスケジュールになります。アメリカやオーストラリアなどの15時間前後のフライトになると2、3日間ステイできるのですが、だいたいのフライトでのステイ時間は24時間です。なので忙しい月は、1週間のうちに3カ国を訪れることも少なくはありません。

保安検査場でついうっかり…