【CAのここだけの話♪】〈海外ステイを楽しむ〉「おひとりさま」でも短時間でも大丈夫! (1/4ページ)

  • 内桝萌花さん
  • 内桝さん。イタリア、チンクエテッレにて
  • 内桝さん。ラオスのルアンパバンにて、象使いの免許を取得!
  • 内桝さん(中央)。カタールの砂漠にて
  • トルコのカッパドキア。私(内桝さん)が一番好きな場所です
  • クロアチアのドブロブニク、城壁からの街並み
  • オーストリアの湖畔の町、ハルシュタット
  • 南アフリカ、ケープタウンにて。テーブルマウンテンの上から


 SankeiBizの読者の皆さんにだけに客室乗務員(CA)がこっそり教える「ここだけ」の話。第22回は中東系航空会社にCAとして乗務2年目の内桝萌花がお送りします。

 カタールと聞いても、あまりパッとしたイメージが浮かばないかもしれません。正直、私自身も未知のままこの国に来たため、移住してから「あれ、よく分からない所に来た」と気が付いたほどです。

 カタールは、アラビア半島に位置する、面積は日本の秋田県と同じくらいの小さな国です。私の勤務しているカタール航空は、この小さな国から世界150都市以上に就航しています。乗務スケジュールも月によって様々なので、いろいろな国を転々とする生活をしています。

 どの国でもステイ時間はだいたい24時間ほどと長くはないのですが、私は短い時間の中でもいつも観光やショッピングをしに外へ出て行きます。また、3、4日ほどのお休みがある際には、カタールから出て一人で旅行に行きます。

 そんな旅行好きな私が、一人でも、また海外出張の合間やトランジットの際などの短い時間でも、海外を全力で楽しむ方法をお伝えできたらなと思います。

▽「ナニコレ?」ではなく「あなたの好きなものを教えて!」

 海外を訪れた際、欠かせない楽しみの一つが食事だと思います。でもワクワクしてお店に入ったものの、メニューを開いてもさっぱりということもしばしば。

 「訳のわからないオシャレな文字が踊ってるなあ」と感じた時は考えても仕方がないので、私はすぐに店員さんに、“What is your recommendation?”(あなたのオススメは何ですか?)、もしくは“Which one is your favorite?”(どのメニューが1番好きですか?)と聞くようにしています。

観光地に着くまでが実は肝心