【CAのここだけの話♪】〈お待ちください!〉空の旅のイライラ、解消への近道は? (1/4ページ)

  • 笹子和代さん
  • 笹子さん。最近のフライトで訪ねたチューリッヒで
  • 笹子さん。香港の夕景をバックに
  • 笹子さん。スタンバイで呼ばれたサウジアラビアで
  • 羽田から香港へ向かう機内からみえる富士山
  • 香港の昼の景色
  • 飛行機の機内


 SankeiBizの読者の皆さんにだけに客室乗務員(CA)がこっそり教える「ここだけ」の話。第38回は香港系航空会社に日本人CAとして乗務7年目の笹子和代がお送りします。

 限られた時間やものの中で、効率を重視する私たちCA。

 今回は、そんな私達がお客様の全体的な傾向を見て、これを知っていれば、無駄に時間を使ったり、嫌な思いをすることをさけられるのになと思うポイントをご紹介します。旅慣れた方、そうでない方、毎日様々な価値観のお客様が乗って来られるわけですから一概には言えませんが、少しでも参考になれば幸いです。

 始まったばかりの旅。チェックインも荷物検査も出入国検査も終えて、搭乗時刻にゲートに並んだら、長時間立って待たされたという経験はありませんか?

◆ゆったりと順番を待つのも悪くない

 自分の搭乗の優先度が低い場合、長い列に並んで待つより、ある程度お客さんが機内に入ってから並んでも遅くはありません。大丈夫、新幹線のように自由席を設定している飛行機はないので、自分の席は確保されていますよ。

 もちろん搭乗時刻を大幅に過ぎての遅刻は厳禁ですが、まだかまだかとイライラした気持ちで乗るより、ゆったりと待合の椅子で順番を待つのも悪くないでしょう。

 また、飛行機をよく利用する方でしたら、空港での入国出国審査がスムーズに済むように、取得できる便利なアイテムは揃えておくこともオススメします。例えば香港では、申請すればビジネスビザや学生ビザでIDカードが手に入るので、それさえあれば長い列に並ばずに、自動化ゲートで出入国できます。

早く乗って早く降りたい「フライト」