「注目ビズ! - 公家vs野武士」:SankeiBiz

公家vs野武士

公家vs野武士

日立と東芝 ライバル2社の命運分けたトップの覚悟

8.19 06:15

 電機業界の名門としてしのぎを削ってきた日立製作所と東芝の明暗がくっきりと分かれている。東芝は不正会計問題、米原子力発電事業の巨額損失と不祥事が続き、存続の危機にひんする一方、日立はかつての不振から復活し、利益規模は国内電機大手でトップだ。ライバル2社にこれほどまでに大きな差が開いたのはなぜか-。【記事詳細】

  • 売却危機から起死回生へ パナソニックの自転車「売上高3倍増」目標の勝算
  • スマホに食われたカメラ…苦境続く業界「市場縮小は止まるのか」 ニコン希望退職募るも…
  • シャープ“復調”も鴻海・郭会長の中国「1兆円工場」の野望に巻き込まれ息つく暇なし
  • 東芝、経営刷新後もWHの圧力認定 次々と失態噴出、信頼回復は困難

関連写真

  • 日立と東芝 ライバル2社の命運分けたトップの覚悟