NY原油反落、51ドル台

 

 28日のニューヨーク原油先物相場は反落し、指標の米国産標準油種(WTI)の11月渡しが前日比0・58ドル安の1バレル=51・56ドルで取引を終えた。

 朝方は、前日発表された米週間原油在庫の減少が引き続き材料視されて買い注文が先行したが、その後は最近の相場上昇の反動で、利益確定売りが広がった。(共同)