東証反発、44円高の2万400円で始まる

 

 週明け2日の東京株式市場は、反発して始まった。日経平均株価は、前週末終値比44円23銭高の2万400円51銭で寄り付いた。日銀が2日発表した9月の企業短期経済観測調査(短観)で企業の景況感が市場予想を上回ったことや、円相場が円安ドル高傾向で推移していることなどが好感された。

 東証株価指数(TOPIX)は、3・02ポイント高の1677・77で午前の取引が始まった。

Read more