東大宇宙線研究所「かぐら」公開 国内の「重力波」観測に期待高まる

 

 2つのブラックホールが合体して放出された「重力波」を世界で初めて観測した米国の望遠鏡「LIGO(ライゴ)」チームのノーベル物理学賞が決まり、東京大宇宙線研究所は4日、国内での観測に期待が高まる岐阜県飛騨市の重力波望遠鏡「かぐら」を報道陣に公開した。

 かぐらがあるのは、神岡鉱山の地下200メートル。一辺約3キロのL字形のトンネル内部に観測用のレーザー装置や真空パイプが備えられている。2019年3月~20年3月の本格運転開始を目指しており、同研究所の三代木伸二准教授は「稼働率が上がればブラックホールができる過程も分かるかもしれない」と話した。

 薄暗いトンネル内は約15度と涼しく、掘削による湧き水も。水流による雑音や振動は重力波観測の障害となるが、排水パイプなどの対策が取られているという。観測装置はほこりを防ぐための透明なシートで覆われ、周囲では約40人の研究者が装置の調整作業などに当たっていた。

 近接する同研究所のニュートリノ観測施設「スーパーカミオカンデ」との連携も見込まれ、三代木准教授は「重力波とニュートリノを同時に観測できれば、かぐらならではの成果を出すことができる」と意欲を示した。

■重力波にノーベル賞 相対性理論を裏付け アインシュタインが残した「最後の宿題」

Read more