小池都知事の求心力低下も 「都民ファ」都議2人離党 選挙結果に影響?

 
登庁し、記者の取材に応じる小池百合子都知事=4日午後、都庁(納冨康撮影)

 小池百合子都知事が特別顧問を務める「都民ファーストの会」都議2人の離党劇。衆院選公示を前にして、希望の党の代表として国政に進出する小池氏の「求心力低下につながる可能性がある。衆院選にも影響があるのではないか」(中堅都議)との観測も出る。2人は5日に離党届を提出し、会見を行う予定だが、都議の間に波紋が広がっている。

 離党する意志を固めたのは音喜多駿、上田令子両都議。音喜多氏は4日、民放の情報番組のインタビューで「小池知事の政治姿勢に疑問を持った。都政を片手間にして国政に手をかけることが果たして正しいのか」とし、離党の意向を改めて述べた。希望の党についても「選挙目当ての野合にしか見えない」と痛烈に批判した。

 一方、昨年夏の都知事選で支援を受けた2人の離反に小池氏は4日、報道陣に「とても残念に思っている」と話した。

 「都民」側は2人との連絡を試みているが、接触は不調に終わっている。増子博樹幹事長は「連絡もない。電話しても出ない」と困惑した様子だった。

 今回の離党劇は、「都民」以外の各会派にも波紋を投げかけている。

 公明党のベテラン都議は「不満を抱えてきて、小池氏の進出で爆発したのだろう。2人に続く離脱はあるのだろうか」と、今後の都政への影響を懸念。ある自民都議は「2人の離党で都民ファーストの会が組織として閉鎖的だということが決定的になったのでは」と指摘した。

Read more