「大変なラブコールいただいたが…」小池氏、衆院選出馬せず 民進・前原代表の要請固辞

 
会談を終え、取材に応じる民進党の前原代表(右)と希望の党代表の小池都知事=5日午後、東京都内のホテル

 新党「希望の党」を率いる小池百合子東京都知事は5日昼、民進党の前原誠司代表と都内で会談し、10日公示の衆院選に出馬しない方針を改めて表明した。前原氏は小池氏に出馬を強く求めたが、小池氏は「最初から衆院選の出馬はない」と強調したうえで、希望の党の首相指名候補について、党の結党メンバーを中心に早期に決める方針を伝えた。両氏は安倍晋三政権の打倒を旗印に連携することも確認した。

 小池、前原両氏は会談後、記者団の取材にそろって答えた。

 小池氏は「前原氏から大変なラブコールをいただいたが、私は(希望の党を設立する)冒頭から衆院選への出馬は考えていない」と改めて語った。希望の党の首相指名候補については「どういう旗頭で戦うか、希望の党のチャーターメンバーで改めて考えていきたい」と述べた。

 小池氏は衆院選ついて「『安倍1強』をどうやって倒し、国民に実感のある生活を確保するのか。安倍政権としっかり対峙(たいじ)していく方向性で一致した」とも述べ、安倍首相への対決姿勢を強める姿勢を明確に示した。

 前原氏は「代表である小池氏が衆院選に出ていただきたいと求めた」と説明した。その上で「出馬は固辞されたが、衆院選は政権選択選挙で誰を首相に選ぶかという選挙だ。出ないのなら早急に話し合いをして(首相指名候補を)決めなければならない」と語った。

 小池氏が前原氏との会談後に応じた取材の詳報は以下の通り。

 --今日はどういう話をしたのか

 「考えてみたら25年ぶりにこうやって2人で話す機会を設けることができたということです。改めて、今回の総選挙、戦いが始まるわけでありますけれども、やはり安倍1強をどうやって倒して、そして、国民に実感のある生活、これをどうやって確保するのか、連携をしていこうということを改めて確認をしました。その上で、これまで民進党に籍を置いてらした皆さんが希望の党とともに政策を共有し、そして共に戦っていこうということを改めて確認をするに至って、私はその際に寛容の心で仲間をしっかりと受け止めて、そして共に戦っていく。そしてまた今回の選挙戦において、私どもの政策を全国津々浦々で伝えていこうということも確認をしました」

 「なお、前原代表の方からは私自身が出馬を、というお申し出を今日もいただいたが、最初からこの点については私の総選挙への出馬はございませんということを改めてお伝えを申し上げました。その際に、ではどういう旗頭で戦うのかということでございます。希望の党のチャーターメンバー(発足時のメンバー)とともに、どのような形が一番いいのかということをきちんと整理をしていきたいと考えております」

 「考えてみますと、この首相指名うんぬんのときにこれまで、自由民主党の方々が羽田(孜)政権の後、村山(富市)政権を継がれたということがございました。こんな、形で、水と油で手が結ばれたなどということも、首相指名という言葉で改めて思い出したところでございます。少なくともしっかりと戦いにおきましては、安倍政権に対峙(たいじ)をしていくという方向性を一致しながら、これからの総選挙に臨んでいきたいと考えております」

 --立候補は完全にないということを前原氏と確認したのか

 「はい。大変熱望をいただきました。ラブコールいただきました。私は冒頭から私自身の総選挙の出馬ということは考えていないということは、再三お伝えしてきた通りでございます。では、どうするかということで、改めてきちんと私共の方で整理をさせていただきたいと考えております」

 --そうであっても、党の代表として選挙戦には

 「はい、たとえば、大阪の日本維新の会(日本維新の会)の方では、共同代表で松井(一郎・大阪府)知事が就いておられます。もう片方の共同代表が片山虎之助さんということで、あちらの場合は国会の側として片山虎之助さんがなっているというのが現状でございます」

 --今回、一部受け入れたことによって政策的な整合性を問う声もあるが、そこは問題ないと考えるか

 「いえ、私は今回の協定を結ぶ際に、これまでいろんな国会でのご活動をなさってきた。しかし、やはり今、リアルな北朝鮮情勢などを目前にしながら、議論のための部分と、それからどうやって国民の生命、そして生活、財産をこの状況で守っていくかというと、おのずと答えは新しいものを描かざるを得ないと、このように思っております。そこに皆さんが意識を共有していただいて、政策を共有していただいて、新しい流れをつくっていこうというのが現時点でございます」

 --知事は議会に(これから出席するのか)

 「そうなんです。ということで、よろしくお願いします。22年ぶりの女性副知事が誕生しますので」

 --首相指名を決めるのはいつまでに

 「その点はきちんと仲間で話をしていきたいと思っております。ありがとうございます」

 --公示前には(決めるのか)

 (質問に答えず。前原と握手をして退場)

Read more