北京-上海間で量子暗号通信幹線が開通

提供:ラヂオプレス

 中国新聞社によると、全長2000キロメートル余りの中国の量子暗号通信の柱となるネットワーク「京滬(北京・上海)幹線」が開通したことが中国で発表された。同通信社はこの幹線について「世界初の量子暗号通信幹線であり、その開通は、中国が宇宙と地上を統合した広域量子通信ネットワークのひな型をつくったことを示している」と指摘している。(RP=東京)