イシグロ氏に世界から称賛の声 中国ハルキストは落胆 「村上に不満でもあるのか」

 
カズオ・イシグロ氏(矢島康弘撮影)

 ノーベル文学賞にカズオ・イシグロ氏が決まったことについて、世界で称賛が相次いだ。一方、有力候補とされた村上春樹氏の“落選”に落胆の声も上がった。

 ■英国

 イシグロ氏の著書を扱う出版社の編集者、ステファン・ペイジ氏は英紙に「実にすばらしい特別なニュースだ」と喜びを述べた。

 イシグロ氏受賞の知らせを聞いたペイジ氏は「彼は間違いなくまれにみる作家だ」と解説。「彼が持つ知的好奇心と力強い感情は多くの読者をひきつける」と絶賛した。(ロンドン 岡部伸)

 ■米国

 カズオ・イシグロ氏は米国でも、作品ごとに新たな作風を生み出す玄人好みの作家として、根強いファンが多い。米紙ニューヨーク・タイムズは、2015年に発表された「忘れられた巨人」の書評の中で、イシグロ氏の正確な表現手法や、登場人物の緻密な設定を称賛し「彼は同じ小説、いや、同じタイプの小説すら二度と書かない」と述べ、新たな世界の創造に挑む作家の特徴を指摘した。(ワシントン 塩原永久)

 ■中国

 中国でもイシグロ氏の翻訳作品が出版されており、ネット上に「好きな作家がノーベル文学賞を受賞してうれしい」といった祝福するコメントが寄せられた。ただ多くの人の関心は今年も受賞を逃した村上春樹氏に集中している。「何年も候補のまま受賞せずに気の毒だ」「スウェーデン・アカデミーは村上に不満でもあるのか」などと残念がる声が上がった。(北京 西見由章)

 ■韓国

 韓国の聯合ニュースはイシグロ氏が長崎県出身の日系英国人と速報した。韓国では2000年に平和賞を受賞した金大中元大統領以来、17年ぶり2人目のノーベル賞として今年も詩人の高銀(コウン)氏(84)の受賞が期待されていたが、念願は実現しなかった。(ソウル 名村隆寛)

 ■インド

 ノーベル文学賞に決まったカズオ・イシグロ氏は、インドでもその繊細な心理描写で読者の心をつかんでおり、各メディアも受賞を速報で伝えた。あるイシグロ作品のファンは「インド人は心理描写が巧みな作品を愛している。彼の表現はインド人の心を打っている」と分析する。(ニューデリー 森浩)

■イシグロ氏、もう一つの故郷が原動力 「いつか帰国するかもと思い生きてきた」

■イシグロ氏、来日時にルーツ再確認 村上春樹さんとは互いにファン公言

■ノーベル文学賞にカズオ・イシグロ氏

■新たな「レンズ」通し「記憶」と向きあう 「忘れられた巨人」著者 カズオ・イシグロさん

■【書評】『忘れられた巨人』カズオ・イシグロ著、土屋政雄訳