豪、ファーウェイとZTE締め出し 5G機器提供禁止 中国勢また打撃

提供:ブルームバーグ

 オーストラリア政府は23日、中国の華為技術(ファーウェイ・テクノロジーズ)と中興通訊(ZTE)が、次世代移動通信機器を豪州の通信事業者に提供することを禁止したと発表した。通信ネットワークのセキュリティーをめぐる各国の綱引きがエスカレートする中で、中国勢にとって新たな打撃となる。

 豪政府は第5世代(5G)移動通信技術に関する新たなセキュリティー指針を通信事業者に示し、外国政府とつながりのあるサプライヤー企業はこの指針に抵触するリスクがあると警告した。モリソン財務相とファイフィールド通信相は共同声明で、5G技術について、これまでの通信ネットワークのセキュリティー手続きでは、国家安全保障への脅威を防ぐには十分でないことを意味すると指摘した。

 声明は華為とZTEには言及していないが、豪州の安全保障当局は、両社の5Gテクノロジー提供を禁止すべきだと勧告していた。

 華為の豪部門は政府の発表を受け、「華為とZTEが豪州での5Gテクノロジー提供を禁止されたと政府から通知を受けた」「消費者にとって極めて残念な結果だ。華為は5Gの世界的リーダーであり、豪州で15年近く安全で確かな無線技術を提供してきた」と表明した。(ブルームバーグ Andrew Hobbs)