「反日」と「日本好き」の矛盾 商魂たくましい中国ネット販売の実態 (4/4ページ)

2012.11.1 07:30

  • 16日、上海総領事館に近い仙霞路の日本料理屋やコンビニ、ゴルフ用品、眼鏡など日系の商店が多い商業ビルで「直ちに営業停止しなければ店舗を破壊する」と牛丼チェーン「松屋」の従業員を威嚇した中国のデモ参加者ら(河崎真澄撮影)

 だが、ここを踏み台に次年度から数千万円の売り上げが狙える成長性が中国市場にある」と、進出した羽毛ふとん会社は目を輝かせる。

 なんといっても上海斉優商務諮詢のこのビジネス、初年度売り上げ1000万円を達成できなかった場合、出店運営費用など総額200万~300万円の経費を、「全額返金する」というから強気である。考えてみれば、反日グッズが売れ筋だからといって、日本製品すべてが排除されるはずもない。むしろ中国では、「反日ビジネス」と、本音の消費者心理は区別すべきもののようだ。(産経新聞上海支局長 河崎真澄)


産経デジタルサービス

産経アプリスタ

アプリやスマホの情報・レビューが満載。オススメアプリやiPhone・Androidの使いこなし術も楽しめます。

産経オンライン英会話

90%以上の受講生が継続。ISO認証取得で安心品質のマンツーマン英会話が毎日受講できて月5980円!《体験2回無料》

サイクリスト

ツール・ド・フランスから自転車通勤、ロードバイク試乗記まで、サイクリングのあらゆる楽しみを届けます。

ソナエ

自分らしく人生を仕上げる終活情報を提供。お墓のご相談には「産経ソナエ終活センター」が親身に対応します。