日本でも? 英独「スタバ・Apple納税を」 多国籍企業、租税回避の実態 (2/4ページ)

2012.11.12 08:10

 多国籍企業の租税回避がクローズアップされたきっかけは、先月(10月)15日にロイター通信が配信したスクープ記事だ。

 1998年に英国に進出し、現在735店を展開するスターバックスの英国法人が、進出以来、総額約30億ポンド(約3840億円)の売り上げがありながら、支払った法人税はたった860万ポンド(約11億100万円)で、さらにここ3年間では、計12億ポンド(約1536億円)の売り上げがあったのに、法人税を全く支払っていなかったことが明らかになった。

 ロイター通信は、英国スターバックスが、コーヒー豆をスイス・ローザンヌにある子会社を通して購入し、オランダで煎った後、英国に持ち込むなどの方法で利益を分散し、可能な限り納税を回避していたと報じた。

 英国スターバックスは2009年と10年に税務調査の対象となったが、広報担当者はロイター通信に「違約金の支払いなどもせず解決した」と述べ、問題はなかったと強調した。

フェイスブックやアマゾンも大胆な「租税回避」

産経デジタルサービス

産経アプリスタ

アプリやスマホの情報・レビューが満載。オススメアプリやiPhone・Androidの使いこなし術も楽しめます。

産経オンライン英会話

90%以上の受講生が継続。ISO認証取得で安心品質のマンツーマン英会話が毎日受講できて月5980円!《体験2回無料》

サイクリスト

ツール・ド・フランスから自転車通勤、ロードバイク試乗記まで、サイクリングのあらゆる楽しみを届けます。

ソナエ

自分らしく人生を仕上げる終活情報を提供。お墓のご相談には「産経ソナエ終活センター」が親身に対応します。