香川真司の歴史的ハットトリック 外国人選手の記録がもつ意味とは? (1/3ページ)

2013.3.17 06:00

 3月2日、英国マンチェスター・ユナイテッドの香川真司がハットトリックを記録した。90年代のイタリアでプレーした三浦知良や中田英寿の時代と比べると、欧州における日本人サッカー選手の活躍ぶりには隔世の感がある。とても喜ばしい。

 ただ、ニュースの以下の記述を読んで「う~ん」と唸った。

 「アジア出身の選手がプレミア・リーグでハットトリックを記録するのは初めてのことだったが、公式サイトによると、英国およびアイルランド出身の選手以外がユナイテッドでハットトリックを記録するのは、クラブの長い歴史においても10人目の快挙なのだという。英メディアも『歴史を作った』と称えた香川の快挙。記録上でもユナイテッド史上に残る名選手と肩を並べている」

 チームの公式サイトは英語、フランス語、スペイン語、アラビア語、中国語、日本語、韓国語の各国語バージョンがあるが、日本語版には香川のニュースが満載されている。

 ぼくが「う~ん」と唸ったのは二つ理由がある。一つはアイルランド出身の選手を除外して英国と同等に扱っていることだ。アイルランドは英国の植民地だったが1921年には独立している。マンチェスター・ユナイテッドが19世紀後半に生まれたチームといえど、アイルランドが独立してからの年数が圧倒的に多い。

 日本でのスポーツシーンで「韓国人を除く外国人選手の記録によれば」と但し書きするようなものだ。

日本のプロ野球の例で考えてみよう

産経デジタルサービス

産経アプリスタ

アプリやスマホの情報・レビューが満載。オススメアプリやiPhone・Androidの使いこなし術も楽しめます。

産経オンライン英会話

90%以上の受講生が継続。ISO認証取得で安心品質のマンツーマン英会話が毎日受講できて月5980円!《体験2回無料》

サイクリスト

ツール・ド・フランスから自転車通勤、ロードバイク試乗記まで、サイクリングのあらゆる楽しみを届けます。

ソナエ

自分らしく人生を仕上げる終活情報を提供。お墓のご相談には「産経ソナエ終活センター」が親身に対応します。