ジャカルタ「モノレール計画」再開へ 参加企業が資金確保

2013.4.3 09:15

 インドネシア初のモノレール計画がまもなく再開しそうだ。民間企業のジャカルタ・モノレール(JM)は、現地政府に必要書類をすべて提出したことを明らかにした。ジャカルタ特別州政府は、JMに対して債務返済能力を証明する書類の作成と適切な資金調達先の確保を求めていた。現地紙ジャカルタ・グローブが伝えた。

 総工費7兆ルピア(約672億円)とされる同モノレール計画は、出資金集めが難航したことから2004年に中断した。プロジェクトに参加した地場建設大手のアディ・カルヤは、今もJMに1940億ルピアの債務返済を求めている。これに対し、JMはシンガポール投資会社のオルタス・ホールディングスと提携して2兆3000億ルピアを確保したと発表した。両社は共同で債務返済にあたることに合意している。

 またオルタスは、ジャカルタ南部のスマンギからクニンガンを経由する環状線に沿ったモノレール建設に資金提供することも同意した。建設工事は4月に開始し、完成までに2年かかる見通し。

 一方、ジャカルタ交通局によれば、ジャカルタではモノレールとは別に高架式鉄道および地下鉄の建設に重点的に取り組む方針だ。交通渋滞の改善効果が薄いことが分かった高架式道路や地下道については、建設中止を検討しているという。(シンガポール支局)

産経デジタルサービス

産経アプリスタ

アプリやスマホの情報・レビューが満載。オススメアプリやiPhone・Androidの使いこなし術も楽しめます。

産経オンライン英会話

実践で使える英会話を習得!業界最高峰の講師がサポートします。毎日話せて月5000円《まずは無料体験へ》

サイクリスト

ツール・ド・フランスから自転車通勤、ロードバイク試乗記まで、サイクリングのあらゆる楽しみを届けます。

サンスポ予想王TV

競馬などギャンブルの予想情報を一手にまとめたサイト。充実のレース情報で、勝利馬券をゲットしましょう!