英王室vsパパラッチ 白黒つける 「明らかにレッドライン越えた」 (2/3ページ)

2013.4.27 16:11

 掲載と同時に英国では怒りの声が沸き起こり、ゴシップが売りのタブロイド文化が根づく英メディアでさえ、写真を転載したところは皆無だった。王子夫妻は「(ウィリアム王子の母で、パパラッチの執拗(しつよう)な追いかけ取材を受け続けた)ダイアナ元妃の時代に匹敵する重大なプライバシーの侵害に当たる」として、容疑者を特定せずに刑事告訴。ナンテールの裁判所は刑事捜査とは別に、前例がない王子夫妻の申し立てを受けてトップレス写真の再利用を禁止した。さらに写真のデータも夫妻側に引き渡されたが、モンダドーリ社が持つ別のイタリア誌やデンマーク、スウェーデン、アイルランドの雑誌には同じ写真が掲載された。

 ダイアナ妃の事故想起

 予審判事は、「(マウリ氏が)昨年9月14日のクローザー誌にキャサリン妃のトップレス写真を掲載することを許可した」ことがプライバシーの侵害に当たるとしたが、トップレス写真の撮影者は明らかになっていない。

あの写真を誰が撮ったのかは仲間内なら誰もが知っている

産経デジタルサービス

産経アプリスタ

アプリやスマホの情報・レビューが満載。オススメアプリやiPhone・Androidの使いこなし術も楽しめます。

産経オンライン英会話

90%以上の受講生が継続。ISO認証取得で安心品質のマンツーマン英会話が毎日受講できて月5980円!《体験2回無料》

サイクリスト

ツール・ド・フランスから自転車通勤、ロードバイク試乗記まで、サイクリングのあらゆる楽しみを届けます。

ソナエ

自分らしく人生を仕上げる終活情報を提供。お墓のご相談には「産経ソナエ終活センター」が親身に対応します。