英王室vsパパラッチ 白黒つける 「明らかにレッドライン越えた」 (3/3ページ)

2013.4.27 16:11

 これまでに何度か特ダネの芸能写真を撮影している仏カメラマン、パスカル・ロスタン氏はAFPに対し、「パパラッチの世界は狭いから、あの写真を誰が撮ったのかは仲間内なら誰もが知っている。南仏に住むアイルランド人とだけ言っておく」と語った。

 英国王室のプライバシー権の保護は長年の大きな課題になっている。そして今回の一件は、パパラッチに追いかけられ起きたダイアナ妃(1961~97年)の交通事故をも想起させたため、英王室が「醜悪な形でプライバシーが侵害され、非常に悲しんでいる」との声明を発表したほどだった。英BBC放送の王室記者のルイサ・バルディーニさんは「ウィリアム王子は“エキスパート”といえるほど、プライバシーに関する法令に精通している。ダイアナ妃の悲劇がそうさせたのであり、キャサリン妃や生まれてくる子に同じ経験をさせたくないという思いは誰よりも強い。今回の一件は明らかにレッドラインを越えており、夫妻自らが告訴に踏み切ったのも当然だった。裁判ではメディアの利益に対して厳しい審判が下るだろう」と話している。

 

産経デジタルサービス

産経アプリスタ

アプリやスマホの情報・レビューが満載。オススメアプリやiPhone・Androidの使いこなし術も楽しめます。

産経オンライン英会話

90%以上の受講生が継続。ISO認証取得で安心品質のマンツーマン英会話が毎日受講できて月5980円!《体験2回無料》

サイクリスト

ツール・ド・フランスから自転車通勤、ロードバイク試乗記まで、サイクリングのあらゆる楽しみを届けます。

ソナエ

自分らしく人生を仕上げる終活情報を提供。お墓のご相談には「産経ソナエ終活センター」が親身に対応します。