日本、世界の医療市場に攻勢 最新鋭がん治療装置、三菱電機が仏で初受注へ (1/4ページ)

2013.6.21 08:00

主な放射線がん治療装置

主な放射線がん治療装置【拡大】

 安倍晋三政権の成長戦略の柱となる医療インフラ輸出。この「本命」とされる最新鋭がん治療装置の輸出がいよいよ始まる。三菱電機が近く、フランスの病院から副作用が少なく治療効果の大きい重粒子線装置を海外で初受注する見込み。受注総額は約200億円に上る。巨大市場が見込まれる最新鋭がん治療装置をめぐっては、東芝や日立製作所なども海外市場を視野に入れており、オールジャパンで世界の医療市場に攻勢をかける。

 「日本とフランスの企業の協力により、重粒子線がん治療施設をフランスに設立する動きがあることを歓迎する」

 安倍首相は今月7日、オランド仏大統領との会談でこう述べ、三菱電機の受注に向けトップセールスを展開した。

 重粒子線が強み

 三菱電機は仏アレバと共同で、同国リヨン市の病院に重粒子線装置を建設する方向で最終調整に入った。受注が決まれば、2020年にも治療が始まる見通しで、医療インフラ輸出に弾みがつく。

「日本の独自技術として、がん治療装置の引き合いは強い」

産経デジタルサービス

産経アプリスタ

アプリやスマホの情報・レビューが満載。オススメアプリやiPhone・Androidの使いこなし術も楽しめます。

産経オンライン英会話

毎日25分からのオンライン英会話。スカイプを使った1対1のレッスンが月5000円です。《体験無料》

サイクリスト

ツール・ド・フランスから自転車通勤、ロードバイク試乗記まで、サイクリングのあらゆる楽しみを届けます。

サンスポ予想王TV

競馬などギャンブルの予想情報を一手にまとめたサイト。充実のレース情報で、勝利馬券をゲットしましょう!