外国人旅行者予測 750万人に上方修正 カンボジア

2013.7.12 10:00

 カンボジア政府は、2020年までに同国を訪れる外国人旅行者数の予測を、年間700万人から同750万人に上方修正すると発表した。現地紙プノンペン・ポストが報じた。

 タオン・コン観光相は、今年1~4月の外国人旅行者数がすでに150万人に達したと指摘し、「今年の旅行者数は当初見込みの380万人よりも40万人多い420万人になるだろう」と期待を示した。同国の12年の外国人旅行者数は、前年比24%増の358万人だった。

 外国人旅行者増加の背景には観光業に重点を置くカンボジア政府の強力な後押しがある。観光業の成長により雇用が拡大し、貧困率の低下にも貢献するなど波及効果が大きいからだ。

 同相は世界遺産のアンコールワット寺院遺跡をはじめ観光地への訪問に利便性の高い旅行チケットを発行するなど、政府の観光振興策が客数増加に起因したとしている。

 カンボジア観光代理店協会の会長は、政府が外国人旅行者数の見通しを上方修正したことに理解を示しながらも、「安全な交通網や宿泊施設の充実など政府の施策は十分ではなく、観光インフラ整備をさらに推進する必要がある」として同分野への投資増加を求めている。(シンガポール支局)

産経デジタルサービス

産経アプリスタ

アプリやスマホの情報・レビューが満載。オススメアプリやiPhone・Androidの使いこなし術も楽しめます。

産経オンライン英会話

90%以上の受講生が継続。ISO認証取得で安心品質のマンツーマン英会話が毎日受講できて月5980円!《体験2回無料》

サイクリスト

ツール・ド・フランスから自転車通勤、ロードバイク試乗記まで、サイクリングのあらゆる楽しみを届けます。

ソナエ

自分らしく人生を仕上げる終活情報を提供。お墓のご相談には「産経ソナエ終活センター」が親身に対応します。