欧州危機が再燃…新興国は崩壊へ!? 米国出口戦略により為替はドル高 (4/4ページ)

2013.11.4 12:00

 では、2014年の資産運用はどう考えるか。日本経済のインフレ転換は不透明だが、長い目で見てドルのジリ高が続くことははっきりしている。そこで外貨投資(ドル)と輸出関連企業が投資対象となるが、個別銘柄を選ぶことは非常に難しい。あえて言うなら、セクターに関係なく米国向け輸出比率が高い企業を狙い、中国関連銘柄には注意することだ。内需では何が育つのかは不透明だが観光、農業、医療・バイオ関連は期待できる。

 ただし、マーケットの物色が進んで株価に成長が織り込まれている可能性が高く、個別銘柄に落とし込むのは難しそうだ。東京オリンピック開催決定で脚光を浴びた不動産関連は業績以上に株価が上がりすぎている感があり、今から買うのは怖い。

 日本株の上昇は外国人投資家の“買い”によるところが大きく、その外国人投資家はアベノミクスの第3の矢である成長戦略の具体策と、日本企業の国際競争力を高める法人税引き下げの道筋に期待している。年内の日経平均株価は1万3000-1万6000円のボックス圏で推移し、それを上へ抜けるためには、外国人投資家の買い意欲をそそる政策を打ち出す必要があるし、もし失望させてしまえば、株価の上昇は望めないだろう。(ネットマネー)

産経デジタルサービス

産経アプリスタ

アプリやスマホの情報・レビューが満載。オススメアプリやiPhone・Androidの使いこなし術も楽しめます。

産経オンライン英会話

実践で使える英会話を習得!業界最高峰の講師がサポートします。毎日話せて月5000円《まずは無料体験へ》

サイクリスト

ツール・ド・フランスから自転車通勤、ロードバイク試乗記まで、サイクリングのあらゆる楽しみを届けます。

サンスポ予想王TV

競馬などギャンブルの予想情報を一手にまとめたサイト。充実のレース情報で、勝利馬券をゲットしましょう!