【アジアの目】ネットが変えたホテルビジネス (1/3ページ)

2013.11.7 05:00

 ミャンマー最大都市、ヤンゴンでは深刻なホテル不足を解消しようと、外資、地元資本による大小を問わないホテル建設、既存ホテルの増改築が相次いでいる。2011年の民政移管後に急増したビジネス客に加え、観光面でもアジア最後のフロンティアとして魅力を持つミャンマーだけに、世界各国から多くの観光客が訪れるようになったが、ホテルの供給が需要に全く追いついていない。地元では、ホテル不足がヤンゴン発展の足を引っ張りかねないと懸念する声もあがっている。

 ◆20年前の苦い経験

 「政府は、ヤンゴンのホテル室数を来年には9000室に増やすというが、すでに毎月10万人以上が訪れており、とても足りない。このままでは観光客はヤンゴンを素通りし、マンダレーやバガンなどの観光地に直行してしまう」。ヤンゴンで旅行業を営む友人のビジネスマンは、ヤンゴンのホテル不足に懸念を隠さない。

 ミャンマーでは、1990年代初め、軍政が経済改革路線にかじを切ったのを受け、ホテル建設が相次いだ。現在、ヤンゴン市内にある大型ホテルの多くは、日本も含めた外国資本の手で建設されたものが多い。ところがその後、軍政が規制を強め、さらに国際社会による経済制裁で、ホテル業界は突然、冬の時代を迎え、その状態が20年近く続いた。大型ホテルには閑古鳥が鳴き、国への地代さえも払えない状態が続いた。現在では、宿泊客が引きも切らない「トレーダーズホテル」も例外ではなかった。

産経デジタルサービス

産経アプリスタ

アプリやスマホの情報・レビューが満載。オススメアプリやiPhone・Androidの使いこなし術も楽しめます。

産経オンライン英会話

90%以上の受講生が継続。ISO認証取得で安心品質のマンツーマン英会話が毎日受講できて月5980円!《体験2回無料》

サイクリスト

ツール・ド・フランスから自転車通勤、ロードバイク試乗記まで、サイクリングのあらゆる楽しみを届けます。

ソナエ

自分らしく人生を仕上げる終活情報を提供。お墓のご相談には「産経ソナエ終活センター」が親身に対応します。