温室効果ガス3.8%削減 COP19で日本、新目標表明へ (1/2ページ)

2013.11.9 05:29

 地球温暖化対策を協議する国連気候変動枠組み条約第19回締約国会議(COP19)が11日、ポーランドの首都ワルシャワで開幕する。日本からは石原伸晃環境相が出席し、2020年までの温室効果ガス削減の新たな数値目標として「05年比3.8%減」を表明する見通し。政府は、原発の再稼働が見込めない中で「暫定的な数値」(関係者)と位置付けるが、国際社会からは温暖化対策の“後退”と受け止められる可能性もある。

 石原環境相が6日に首相官邸で安倍晋三首相に示した「3.8%減」の新目標は、温室効果ガスを排出しない原発の稼働をゼロと仮定したものだ。09年9月に民主党の鳩山由紀夫首相(当時)が表明した「20年までに温室効果ガスの排出量を1990年比で25%削減」との目標は、原発の増設が前提だった。

 新目標では、2020年の温室効果ガス排出量は約13億トンになる。東日本大震災が発生した11年の排出量(13億800万トン)とほぼ同程度だが、従来の基準年である1990年比だと約3%増で、温室効果ガスが約4000万トン増える計算だ。

「攻めの温暖化外交戦略」

産経デジタルサービス

産経アプリスタ

アプリやスマホの情報・レビューが満載。オススメアプリやiPhone・Androidの使いこなし術も楽しめます。

産経オンライン英会話

実践で使える英会話を習得!業界最高峰の講師がサポートします。毎日話せて月5000円《まずは無料体験へ》

サイクリスト

ツール・ド・フランスから自転車通勤、ロードバイク試乗記まで、サイクリングのあらゆる楽しみを届けます。

サンスポ予想王TV

競馬などギャンブルの予想情報を一手にまとめたサイト。充実のレース情報で、勝利馬券をゲットしましょう!