世界的なエビ争奪戦、中国で需要激増 日本の国内自給率10% (3/3ページ)

2013.11.14 06:00

芝エビ(下)の安い代用品とされたバナメイエビ(上)だが、価格は上昇傾向にある(佐賀県水産課提供写真と農水省ホームページ掲載資料のコラージュ)

芝エビ(下)の安い代用品とされたバナメイエビ(上)だが、価格は上昇傾向にある(佐賀県水産課提供写真と農水省ホームページ掲載資料のコラージュ)【拡大】

  • 複数のホテルで「芝エビ」として提供されていたことが発覚したバナメイエビ(農水省のホームページより)

 最前線にいるのが総合商社だ。例えば三井物産は、ベトナムのエビ養殖・加工最大手、ミンフー・シーフード傘下の加工事業会社に、子会社を通じて資本参加。今年は昨年に比べ5割増の1万5000トンのエビ加工品を生産する計画で、5年後に最大4万トンに増産する考えだ。

 このほか、三菱商事はタイで、双日はインドネシアでそれぞれエビ養殖事業に参画し、丸紅もタイのエビ加工業者と提携した。

 一方、日本国内では、独立行政法人国際農林水産業研究センター、民間でエビ養殖技術の研究開発を手掛けるIMT(東京)などが「屋内型エビ生産システム」を開発した。外部から閉鎖された設備で淡水を使ってバナメイエビを育てる。病害の心配がないといい、新潟県に設置した養殖場では出荷もしている。

 こうした取り組みが見込み通りの成果を上げていけば、いずれエビの価格も落ち着いてくるはずだ。

 果たして、バナメイエビは家庭の食卓の味であり続けるのか、それとも日本の高級レストランや料亭のメニューに「バナメイエビのチリソース煮」「バナメイエビの天ぷら」と堂々と書かれる日が来るのか?

産経デジタルサービス

産経アプリスタ

アプリやスマホの情報・レビューが満載。オススメアプリやiPhone・Androidの使いこなし術も楽しめます。

産経オンライン英会話

90%以上の受講生が継続。ISO認証取得で安心品質のマンツーマン英会話が毎日受講できて月5980円!《体験2回無料》

サイクリスト

ツール・ド・フランスから自転車通勤、ロードバイク試乗記まで、サイクリングのあらゆる楽しみを届けます。

ソナエ

自分らしく人生を仕上げる終活情報を提供。お墓のご相談には「産経ソナエ終活センター」が親身に対応します。