いつまでも進展しない日韓関係 メディアも諌める“慰安婦演説行脚” (3/4ページ)

2013.11.21 06:02

 前段に「日本の非道さに屈服するほど今の韓国が劣っている訳でもない」と微妙な“フォロー”も入ったが、朴大統領の強硬な反日ぶりを懸念する空気が漂う。

 中央日報は8日、ワシントン駐在のコラムで、米国の財政難に伴う軍縮に関連し「もう一つの同盟の韓国が日本の軍事力強化に反対するが、米国としては厄介なだけだ」とし、米韓関係悪化が対北朝鮮防備に影響することを懸念した。

 これらのコラムは、韓国ではどういう趣旨に受け取られたのだろうか。

 朴大統領は空気を読めない

 もっとも、朴大統領にこうした雰囲気は届いていなかったようだ。帰国を前にした8日の記者会見で、「(日韓の)首脳間で会談を開く度に、両国関係が改善し、何か良い話があることを望むが、もしそうでなければ両国関係がさらに悪化するのではないか心配だ」と話した。

日韓首脳会談は今をもって実現していない

産経デジタルサービス

産経アプリスタ

アプリやスマホの情報・レビューが満載。オススメアプリやiPhone・Androidの使いこなし術も楽しめます。

産経オンライン英会話

90%以上の受講生が継続。ISO認証取得で安心品質のマンツーマン英会話が毎日受講できて月5980円!《体験2回無料》

サイクリスト

ツール・ド・フランスから自転車通勤、ロードバイク試乗記まで、サイクリングのあらゆる楽しみを届けます。

ソナエ

自分らしく人生を仕上げる終活情報を提供。お墓のご相談には「産経ソナエ終活センター」が親身に対応します。